宇佐市ため池ハザードマップ

更新日:2020年05月13日

ため池ハザードマップについて

目的

近年の集中豪雨などの自然災害により、さまざまな被害が発生している中で、防災意識の向上を図るとともに、ため池災害における被害の未然防止および軽減を図ることを目的として、災害時における避難誘導を実効あるものにするための浸水想定区域および地域独自の必要な情報を盛り込んだハザードマップを作成しました。

ため池ハザードマップとは

ため池ハザードマップとは、大雨や大地震などによりため池の堤体が決壊した場合に、その被害範囲を予測し地図化したものです。皆さんの家庭や職場の状況を確認し、家族や地域で避難場所や避難経路について話し合ったり、避難訓練などに活用してください。

注意点

ため池ハザードマップはため池が決壊した場合に、浸水区域をあくまでも想定したもので、災害が生じた場合のため池の貯水量やため池の壊れ方周辺の土地の利用状況等により変化することがあります。なお、地図に示した区域外のところも状況によっては浸水する可能性がありますので、十分に注意してください。 ※マップを作成した池が直ちに危険なため池という訳ではありません。

※下記項目をクリックするとPDF画像をご覧になれます。

旧宇佐地区

院内地区

安心院地区

この記事に関するお問い合わせ先

耕地課 耕地係
〒879-0492 大分県宇佐市大字上田1030番地の1 本庁舎2階

電話番号:0978-27-8159
ファックス:0978-27-8231

メールフォームによるお問い合わせ