令和2年度在宅高齢者住宅改造助成事業のお知らせ ※受付は終了しました

更新日:2020年05月19日

高齢者向け住宅改造の助成をします

本市に住所を有する、次の要件に該当する高齢者がいる世帯の住宅を、高齢者向けに改造するのに要する経費の一部を助成しています。

※新築、増築や既に工事を着工している場合は、適用されません。

対象者

  • 介護保険の要介護認定において要支援、要介護と認定を受けている65歳以上の高齢者がいる世帯  
  • 65歳以上の高齢者のみで構成されている世帯(単身世帯も含む)
  • 75歳以上の高齢者がいる世帯

上記の条件に該当し、対象者の属する世帯の生計中心者の前年の所得金額が200万円未満であり、世帯全員が市税・県税を完納していること。 

助成区分・助成基本額・補助率

(1) 一般住宅改造助成 助成対象経費60万円を限度にその費用の3分の2を助成します。

(2) 自立支援小規模改造助成 助成対象経費30万円を限度にその費用の3分の2を助成します。

  • 助成対象となる工事は、介護保険の「住宅改修」の給付対象となる工事(リフォーム工事除く)に準じます。
  • 介護保険の「要支援」「要介護」の認定を受けている方は、介護保険の「住宅改修」と必ず併用してください。その場合、介護保険の「住宅改修」で適用を受けた費用については、本事業の助成対象経費から減額されます。
  • (1)を受けた世帯は、本年度以降(2)を申請することはできません。
  • (2)を受けた世帯は、翌年度以降(1)を受けることができますが、その場合、(1)の助成対象経費から(2)で適用を受けた助成対象経費分を減額します。
  • 生活保護法による被保護世帯は全額補助。

申請について

下記の書類を期限内に介護保険課まで提出してください。

1.在宅高齢者住宅改造助成事業費交付申請書

2.現場見取図(現況と改造後の内容が容易に確認できるもの)

3.見積書(工事内容が個別に把握できるもの。自社様式で可)

4.家屋が自己所有でないときは、所有者の承諾書

5.市税納付状況確認承諾書 

様式

在宅高齢者住宅改造助成事業費交付申請書
現場見取り図
市税納付状況確認承諾書

締切日について

令和2年4月20日(月曜日)から令和2年5月18日(月曜日)午後5時まで 介護保険課 高齢者支援係まで提出してください。

※先着順ではありません。希望者が多い場合は抽選となる可能性があります。

※申請関係書類一式は介護保険課窓口にも準備しております。

この記事に関するお問い合わせ先

介護保険課 高齢者支援係
〒879-0492 大分県宇佐市大字上田1030番地の1 本庁舎1階

電話番号:0978-27-8150
ファックス:0978-32-2331

メールフォームによるお問い合わせ