ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 観光まちづくり課 > 【補助金】UIターン目的の空き家リフォーム

【補助金】UIターン目的の空き家リフォーム

印刷用ページを表示する 2017年4月1日更新

宇佐市空き家改修補助金

空き家リフォームのイメージ

 空き家を借りて(買って)住もうと考えているが、お風呂やドアが不便そうだ。
宇佐市に移住してアパートに住んでいるが、空き家へ移り住みたい。
実際に住んでみたが台所やトイレの使い勝手が悪いからちょっとリフォームがしたい。
空き家を貸すことになったが、ちゃんとした状態にしてから貸したい。
地域を活性化させるために、空き家を借りてリフォームし、移住者を呼び込みたい。

 そんなときは「宇佐市空き家改修補助金」を利用してみてはいかがでしょうか?
宇佐市への移住(UIターン)を目的に、空き家を改修される場合に、改修に要した経費の一部を助成いたします。

補助対象

対象物件

宇佐市空き家バンク登録物件であること。

宇佐市空き家バンク制度

対象者(申請者)

1.UIターン者本人
2.UIターン者が入居することが決まっている(入居している)空き家の所有者。または、この空き家を借り受けた地域コミュニティ組織およびNPO法人

※ただし、上記のUIターン者とは次の項目をいずれも満たす方とします。
1. 20歳以上の方
2. 申請時に市内に住所を有していない方。または、市内に住所を有して1年経過していない方。
3. 申請時に市外に5年以上居住していた方(市内に住所を有して1年経過していない方については、市内に住所を有する日前に市外に5年以上居住していた方)

対象工事

1.施工業者は、市内に事務所または事業所を有する法人または個人であること
2.住宅の機能向上のために行う修繕、模様替えおよび設備改善に限ります(店舗や倉庫などは対象となりません)。

対象経費

空き家の改修に要する経費で、その額が30万円以上であること。

補助金の額

対象経費の3分の2以内(補助金の上限額100万円)

県外UIターン者移住支援事業の空き家購入支援と併用する場合は、合わせて100万円まで

注意点

以下の場合は、補助金を返還してもらう場合があります。
(1)この事業により改修を行った空き家を10年未満で取り壊し、または売却したとき。
(2)10年未満で転出または転居したとき(引き続きUIターン者用の住宅として空き家登録を継続する場合は除く)。
(3)申請日の属する年度と同一の年度内に宇佐市に転入しないとき。

申請について

事前申請

改修工事着工前に申請書類を提出し、宇佐市より交付決定を受けてください。
改修中、改修後の申請については受理することができません。

申請に必要な書類

(1)宇佐市空き家改修事業補助金交付申請書(下記申請書)
(2)誓約書(下記申請書)
(3)家主の改修承諾書(賃貸家屋で入居者が改修する場合のみ、下記申請書)
(4)売買または賃貸契約書の写し
(5)改修工事設計図及び見積書(簡易な場合は設計図は不要)
(6)施行前の現場写真
(7)住民票または登録原票記載事項証明書(入居者全員分)
(8)市区町村民税等の滞納の無い証明書(申請者分)

Word形式PDF形式
チラシ[PDFファイル/221KB]
要綱[PDFファイル/150KB]
申請書一式(購入した物件を改修)[Wordファイル/42KB][PDFファイル/144KB]
申請書一式(賃貸物件を入居者が改修する時)[Wordファイル/50KB][PDFファイル/181KB]
申請書一式(賃貸物件を所有者が改修する時)[Wordファイル/44KB][PDFファイル/153KB]

申し込み・問い合せ先

〒879-0492
大分県宇佐市大字上田1030-1
宇佐市役所観光まちづくり課コミュニティ係
Tel:0978-27-8170
Fax:0978-32-2324
Mail:tiiki05@city.usa.oita.jp

リンク

空き家利活用促進事業補助金
空き家所有者さんが家財道具を片付ける際の補助金制度です。

移住定住ガイドブック
知ってお得な宇佐市の移住・定住の補助金情報や支援制度が満載♪

宇佐市移住安心ガイド
宇佐市への移住に関する総合情報サイトです。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)