ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 観光まちづくり課 > 【補助金】空き家を活用した起業

【補助金】空き家を活用した起業

印刷用ページを表示する 2019年9月19日更新

宇佐市空き家活用型起業支援事業補助金

レストラン

 起業するための空き家や空き店舗の増改築工事、起業するための設備や備品の購入に補助金を交付します!地域に根付いていく起業をお待ちしています!
 各種要件については、下記をご覧ください。

補助対象

対象物件

(1)周辺地域にある宇佐市空き家バンク登録物件【宇佐市空き家バンク制度
(2)周辺地域にある空き店舗

【周辺地域とは?】
・安心院と院内の全区域。
・宇佐区域の麻生、西馬城、和間、長峰、横山、天津、北馬城、高家、八幡、糸口、封戸地域。

対象者(申請者)

次の項目をすべて満たす方
(1)宇佐市に根付く起業を目指す方
(2)対象物件を購入または借り受けたUIターン者(※)
(3)対象物件の所有者及び3親等以内の親族でない方
(4)補助金の交付を受けてから5年以上宇佐市に定住して事業を継続しようとする方。

(※)【UIターン者とは?】
・空き家バンクの利用登録をしている宇佐市外の方
・過去に空き家バンクの利用登録をしており、宇佐市に移住して5年を経過していない方

対象事業

(1)起業するために行う対象物件の増改築工事
(2)事業に付帯する設備、備品等の整備

補助金の額

対象経費の2分の1以内(補助金の上限額50万円)
ただし、県外者または県外から移住し1年を経過していない場合の上限額は100万円

注意点

(1)補助金は同一の世帯に対して1回に限り交付します。
(2)申請を行った年度内(4月はじまり3月〆)に事業を終了する必要があります。
(3)事業を実施する前に申請する必要があります。

申請について

下記に記載する書類を揃えていただき、お申し込みください。なお、3月中に申請書の提出をされる予定の方は、事前に必ずご相談ください。

申請に必要な書類

(1)宇佐市空き家活用型起業支援事業補助金交付申請書(様式第1号)
(2)事業計画書(様式第2号)
(3)収支予算書(様式第3号)
(4)誓約書(様式第4号)
(5)同意書(様式第5号)※賃貸の場合のみ
(6)工事等に係る見積書の写し
(7)申請者の住民票謄本
(8)申請日の住所地の市区町村民税等の滞納のない証明書
(9)売買または賃貸契約書の写し
(10)その他市長が必要と認める書類

Word形式PDF形式
要綱交付要綱 [PDFファイル/152KB]
申請書一式(様式1号~5号)申請書等 [Wordファイル/56KB]申請書等 [PDFファイル/182KB]
申請書記入例記入例 [PDFファイル/250KB]

申し込み・問い合せ先

〒879-0492
大分県宇佐市大字上田1030-1
宇佐市役所観光まちづくり課コミュニティ係
Tel:0978-27-8170
Fax:0978-32-2324
Mail:tiiki05@city.usa.oita.jp

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)