熱中症に注意しましょう!

更新日:2022年07月01日

熱中症による救急搬送が増加しています。

現在、市内において熱中症による救急搬送が増加傾向にあります。
全国的にみても昨年同時期に比べ熱中症による救急搬送件数が増加しており、熱中症に対する予防・対策が大切になってきております。

 

熱中症とは?

高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり体温調節機能がうまく働かないことにより、めまいや大量の発汗、筋肉痛、さらには頭痛や吐き気、倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害やけいれん発作などが起こります。
気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と、その人の体調によっては、熱中症の発症危険が高まります。

熱中症の主な症状

軽度(応急処置と見守り):めまい、立ちくらみ、生あくび、大量の発汗、筋肉痛、こむら返りなど

中等度(医療機関へ):頭痛、嘔吐、倦怠感、虚脱感、集中力低下など

重症度(入院加療):意識状態が悪い、痙攣など

熱中症予防のポイント

熱中症の予防には『水分・塩分補給』と『暑さを避けること』が大切です。

・水分と塩分をこまめに補給しましょう。特に高齢者やこども、持病などの状況によっては、より注意が必要です。

・体調に合わせて衣服の調節や体を冷やす工夫を行いましょう。

・熱中症になりにくい室内環境を整えましょう。熱中症予防では積極的に扇風機やエアコンを使用して室内温度の調節を行い、遮光カーテンやすだれを設置することで、室温が上昇しにくい環境を確保することが大切です。

・外出時には日傘や帽子を着用し、こまめな休憩を取ることが大切です。

熱中症を疑ったときは・・・

1.涼しい場所へ避難させましょう。

2.衣服を脱がせ、濡れたタオルや保冷剤などで体を冷却しましょう。

3.水分と塩分を補給する。

注意:自力で水を飲むことができなかったり、意識がはっきりしない場合は直ちに救急車を要請してください!
下記に環境省熱中症予防情報の外部リンクを付けていますので参照してください。

マスクの着用について

マスクは飛沫の拡散予防に有効で、「新しい生活様式」でも一人ひとりの方の基本的な感染対策として着用をお願いしています。ただし、マスクを着用していない場合と比べると、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に負担がかかることがあります。高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすなど熱中症にならないように気を付けましょう。

しょう太くん

その他にも

夏の暑い時期には水辺でのレジャーが盛んになります。夏の思い出を楽しいものにするためにも、水の事故には十分気をつけてください。熱中症も水の事故も、予防が一番大切です。身の回りの危険を正しく理解し対処できるようにしましょう。                                                   

この記事に関するお問い合わせ先

宇佐市消防本部宇佐消防署 救急係
〒879-0444 大分県宇佐市大字石田176番地

電話番号:0978-32-0119
ファックス:0978-33-0621

メールフォームによるお問い合わせ