派遣型救急ワークステーション業務の運用に関する協定を締結しました

更新日:2021年03月24日

記念撮影

令和3年3月22日(月曜日)、宇佐市役所で市と宇佐高田医師会病院との「派遣型救急ワークステーション業務の運用に関する協定書」の調印式が行われました。
今後、高度化する救急業務に対応するため、救急隊員のレベルアップや医師、看護師との連携強化を図ることを目的として、市では初めて導入されます。
是永市長は、「病院で実習を行い、救急隊員の知識や技術の向上を図ることができるとともに、救急出動要請の際は、必要に応じて医師が救急車に同乗して出動していただくことで、市民の救命率の向上に大いに寄与するものと期待しています。」とあいさつしました。

派遣型救急ワークステーションとは

宇佐市消防本部が管理する救急車と3人の救急隊員を宇佐高田医師会病院に派遣して、救急隊員が医師や看護師から指導を受けながら、救急処置の実習や救命処置の補助を行うものです。
また、実習中に救急車の要請があった場合は、必要に応じて医師や看護師を救急車に同乗させて、救急現場で指導を受けながら救急活動を行います。

調印式の様子

調印式

是永市長と宇佐高田医師会病院柏木孝仁病院長が協定書を取り交わしています。

是永修治宇佐市長

是永市長あいさつ

宇佐高田医師会病院病院長柏木孝仁様

宇佐高田医師会病院柏木孝仁病院長あいさつ

この記事に関するお問い合わせ先

宇佐市消防本部警防課 警防係
〒879-0444 大分県宇佐市大字石田176番地

電話番号:0978-32-0119
ファックス:0978-33-0621

メールフォームによるお問い合わせ

ページに関する評価
このページは参考になりましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?