鹿嵐山で山岳合同訓練を実施しました

更新日:2021年10月19日

令和3年10月14日木曜日に宇佐市消防本部、中津市消防本部及び大分県防災航空隊との山岳合同訓練を宇佐市院内町と中津市耶馬渓町の境にある鹿嵐山で行いました。
この訓練は、登山客が山頂付近で負傷して動けなくなった想定で行われ、宇佐市消防本部、中津市消防本部は両市の登山口からそれぞれ入山しました。無線機などを用いて情報交換を行い、山頂付近で発見された負傷者の救命処置を行いました。その後、山頂まで負傷者を搬送し、降下した大分県防災航空隊員に負傷者の情報を引継ぎ後、防災ヘリで負傷者を吊り上げて救出しました。
今後もこのような合同訓練を通じて、関係機関との連携強化に努めてまいります。

防災ヘリから現場に隊員を投入

防災ヘリより現場に隊員を投入します。

航空隊員へ引継ぎ

大分県防災航空隊員への引継ぎと機内へ収容する準備をしています。

訓練指揮本部

訓練指揮本部にて情報を統括し、指揮を行います。

この記事に関するお問い合わせ先

宇佐市消防本部南部分署 消防係
〒872-0526 大分県宇佐市安心院町田ノ口438番地の1

電話番号:0978-44-1145
ファックス:0978-44-1033

メールフォームによるお問い合わせ

ページに関する評価
このページは参考になりましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?