経済的な支援情報(令和2年12月1日現在)

更新日:2020年07月22日

新型コロナウイルス感染症の影響による、離職や収入の減少等により生活が困窮している方への支援や制度の情報を集めて掲載しています。

個人向け経済的支援情報(12月1日現在)

給付(もらえる)

すくすく子育て応援券事業(新規・宇佐市独自)

  1. 平成14年4月2日以降に生まれ、基準日(令和2年7月31日)時点で宇佐市に住民票がある方
  2. 令和2年8月1日から令和2年12月31日までに出生し、出生時に宇佐市に住民票がある方(その他要件有)

上記に該当する方1人につき3万円分の商品券を給付 

保育施設等従事者応援事業(新規・宇佐市独自)

市内の私立認可保育所、認定こども園、放課後児童クラブ、病児病後自動保育施設に勤務する方に1人あたり5万円分の商品券を給付

医療・介護等従事者慰労金

水道基本料金の減額

水道の基本料金を5月検針分から4か月間全額免除

住居確保給付金

離職等で住居を失う恐れがある場合に家賃の支援をします(上限あり)

臨時特別給付金

子育て世帯への支援策として児童手当受給者に児童1人につき1万円給付します。

国民健康保険加入者に対する傷病手当金

ひとり親世帯への臨時特別給付金

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金

学生支援緊急給付金

傷病手当金

貸付(かりる)

緊急小口資金

コロナウイルスの影響で減収となった世帯で、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用の貸付を行います。

総合支援資金

コロナウイルスの影響で減収または失業となった世帯で、生活再建までの間に必要な生活費用の貸付を行います。

猶予

市税等の支払いが厳しい場合

国保税、後期高齢者医療保険料、介護保険料の支払いが厳しい場合

国民年金保険料の支払いが厳しい場合

市営住宅家賃の支払いが厳しい場合

母子父子寡婦福祉資金貸付償還金の支払が厳しい場合

支払いの猶予制度があります。詳しくはお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 健康増進係
〒879-0492 大分県宇佐市大字上田1030番地の1 本庁舎1階

電話番号:0978-27-8137
ファックス:0978-32-2331

メールフォームによるお問い合わせ

ページに関する評価
このページは参考になりましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?