新型コロナウイルスの感染予防

更新日:2020年11月18日

新型コロナウイルスの感染拡大防止には、一人一人の責任ある行動が不可欠です。
一般的には飛沫感染、接触感染で感染するとされていることから、下記について徹底してください。

風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、一人一人の手洗い、咳エチケットの実施がとても重要です。動画やイラストを参考に、手洗いや咳エチケットの徹底にご協力をお願いします。

新型コロナウイルスの感染拡大防止について(大分県)

新型コロナウイルスは、気温18度未満、湿度40%未満になると感染リスクが高くなると言われており、これからの冬場を迎えるにあたり、強い警戒感を持って対処する必要があります。

また、国の対策本部会議においては、飲食を伴う懇親会等、感染リスクが高まる「5つの場面」が示されております。

感染リスクが高まる「5つの場面」
「冬場を迎えるにあたって」の感染防止対策について

3密(密閉・密集・密接)を避けましょう

感染予防のために密閉空間、密集場所、密接場面を避けましょう

密閉・密集・密接を避けましょう

集団感染が生じた場の共通点を踏まえると、特に
1.密閉空間
(換気の悪い密閉空間である)、
2.密集場所
(多くの人が密集している)、
3.密接場面
(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)
という3つの条件が同時に重なる場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。
部屋をこまめに換気しましょう。また、換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。

咳エチケット

咳エチケットを徹底し、感染拡大を防止しましょう

咳エチケットを徹底しましょう

咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。咳やくしゃみの飛沫により感染症を他人に感染させないために、咳エチケットをお願いします。

手洗い

手洗い啓発チラシ

正しい手洗いの方法

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。

外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに手を洗いましょう。

布マスクの洗い方

布マスクを着用する機会が増える中で、清潔な状態を保つための洗い方をご紹介します。

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 健康増進係
〒879-0492 大分県宇佐市大字上田1030番地の1 本庁舎1階

電話番号:0978-27-8137
ファックス:0978-32-2331

メールフォームによるお問い合わせ

ページに関する評価
このページは参考になりましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?