管理栄養士おすすめ!健康レシピ9月号【 野菜のグリル焼き】

更新日:2020年04月01日

管理栄養士おすすめレシピ 9月号 野菜のグリル焼き

野菜のグリル焼き 80キロカロリー 塩分1グラム

野菜のグリル焼き

ポイント…

  • 成人が1日に摂ってほしい野菜の目標量は、350グラム(生野菜で両手3杯分=野菜料理小鉢5皿相当)です。この1品で目標量の約1/4の野菜が摂れます。材料は季節の野菜何でも構いません(オクラ、トマト、サツマイモ、ズッキーニなど)
  • 塩(ハーブソルト)を食べる直前にふることで、食材の表面に塩気がつき、食べた時に舌でしっかり塩味を感じられるので、少ない塩分でもおいしくいただけます。
  • 魚焼きグリルを使うことで、暑い夏場でも火を使わず手軽に作れます。

材料(2人分)

エリンギ1本、ピーマン1/2 個、赤・黄パプリカ各1/6 個、なす1/4 本、かぼちゃ30 グラム、オリーブオイル小さじ2、サニーレタス2 枚、ハーブソルト1グラム

作り方

【1】エリンギは縦半分に切り、2cmの長さに切る。ピーマンとパプリカは2cm角に切る。

【2】なすは厚さ1cmの半月切りにして、水にさらしておく。

【3】かぼちゃは厚さ1cmの一口大に切り、レンジ500W で1分加熱する(硬かったら軟らかくなるまで加熱する)。

【4】魚焼きグリルまたはフライパンにアルミホイルを敷き、すべての野菜をのせてオリーブオイルをかけ7分程焼く。

【5】皿にサニーレタスを敷き4を盛り付け、食べる直前にハーブソルトをふったら完成。

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 健康増進係
〒879-0492 大分県宇佐市大字上田1030番地の1 本庁舎1階

電話番号:0978-27-8137
ファックス:0978-32-2331

メールフォームによるお問い合わせ