【補助金】新婚夫婦の賃貸住宅家賃など

更新日:2020年04月09日

宇佐市結婚新生活応援事業補助金

結婚に伴う新生活を応援します!

新婚夫婦が住む家の家賃や仲介手数料などの補助をしています。

ただし、補助金の交付には各条件を満たす必要がありますので、下記をご確認ください。

補助対象

対象物件

宇佐市内にある月額家賃2万円以上の民間賃貸住宅、特定公共賃貸住宅

勤務先等から住宅手当の支給を受けている場合は、家賃から住宅手当を引いた額が2万円以上であること。 下記物件は対象となりません。

(1)一般公営住宅、公共賃貸住宅、若者定住促進住宅

(2)社宅、官舎、寮などの給与住宅

(3)借主(契約者)が会社名義などの本人以外の住宅

(4)2親等以内の親族が所有または居住する住宅

(5)その他この補助金の趣旨に合わない住宅

対象夫婦

下記すべてを満たす夫婦

(1)申請日において夫婦の合計年齢が80歳未満

(2)婚姻日前年において、夫婦の合計所得が340万円未満

(3)婚姻日が令和2年1月1日以降で、かつ婚姻後6ヶ月以内である

(4)民間賃貸住宅などを契約し、夫婦とも該当する住宅に居住している

(5)市税または家賃を滞納していない

(6)生活保護の規定による住宅扶助その他の公的制度による家賃補助等を受けていない

(7)国及び地方公共団体の常勤一般職の職員でない

夫婦の合計所得の算出について

(1)結婚を機に離職し、再就職していない場合の所得額は0円として扱います。

(2)貸与型奨学金の返済を行っている場合は、所得から年間返済額を控除します。

所得の確認方法

お住まいの地域の市町村区役所で「課税証明書」または「非課税証明書」を取得することで確認できます。

対象経費

(1)家賃

(2)敷金、礼金、仲介手数料

(3)引越経費(市外からの転入者のみ)

補助金の額

(1)家賃 月額1万円まで、最大24ヶ月

(2)敷金、礼金、仲介手数料、引越経費 合計6万円まで、初年度に1回限り

注意点

(1)初年度の申請は婚姻後6ヶ月以内に行ってください。2年目以降は毎年4月に行ってください。

(2)毎年3月に実績報告書を提出した後、補助金の支払いとなります。

(3)虚偽の申請や不正行為があった場合は、補助金の返還を行っていただきます。

申請について

申請期間

令和3年1月31日まで

ただし、予算の範囲内で補助金の交付を行いますので、上限に到達した時点で受付を終了します。

申請に必要な書類

初年度

(1)宇佐市結婚新生活応援事業補助金交付申請書(下記申請書)

(2)宇佐市結婚新生活応援事業補助金額算出表(下記申請書、別紙1)

(3)誓約書(下記申請書、別紙3)

(4)住宅手当支給状況証明書(下記申請書、別紙4)

(5)戸籍謄本

(6)世帯全員分の記載がある住民票

(7)所得証明書

離職した場合は、離職したことがわかる書類(離職票など)

奨学金の返済がある場合は、返済の年額がわかる書類

(8)市税等の滞納がない証明書

(9)賃貸契約書の写し

(10)敷金、礼金、仲介手数料がある場合は、該当する領収書の写し

(11)引越費用が対象の場合は、該当する領収書の写し

(1)(2)(3)(4)は下記の申請書一式(初年度用)に含まれています。

(5)(6)(7)(8)はお住まいの市区町村の役所等で取得できます。

初年度以降

(1)宇佐市結婚新生活応援事業補助金交付申請書(下記申請書)

(2)宇佐市結婚新生活応援事業補助金額算出表(下記申請書、別紙2)

(3)誓約書(下記申請書、別紙3)

(4)市税等の滞納がない証明書

(1)(2)(3)は下記の申請書一式(継続年度用)に含まれています。

(4)はお住まいの市区町村の役所等で取得できます。

申請書ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり推進課 コミュニティ係
〒879-0492 大分県宇佐市大字上田1030番地の1 本庁舎3階

電話番号:0978-27-8237
ファックス:0978-27-8233

メールフォームによるお問い合わせ