県内すべての119番通報が一元化されます~「おおいた消防指令センター」運用開始~

更新日:2024年07月01日

共同運用

近年の激甚化、大規模化する災害に対応するため本市を含む県内14消防本部は、令和6年10月までには119番通報などを受信する消防指令業務の共同運用を大分市の複合公共施設内の「おおいた消防指令センター」で開始します。これにより、県内のどこから通報しても「おおいた消防指令センター」につながることになり、情報を一元化し広域的な連携や協力体制を構築しやすくなります。令和6年7月から各消防本部の119番回線を「おおいた消防指令センター」へ順次切り替えを行い、本市につきましては7月9日(火曜日)から切り替わることとなっています。

よくある質問

Q1.場所の特定が難しくなりませんか?

「おおいた消防指令センター」には最新のシステムを導入し、あらゆる情報から検索できる機能を備えてますので、迅速に災害場所を特定することができます。

Q2.消防車や救急車はどこから出動するのですか?

これまでどおり、市消防本部の各署所から出動します。

この記事に関するお問い合わせ先

宇佐市消防本部警防課 警防係
〒879-0444 大分県宇佐市大字石田176番地

電話番号:0978-32-0119
ファックス:0978-33-0621

メールフォームによるお問い合わせ