令和元年度から適用される配偶者控除・配偶者特別控除の見直しについて

更新日:2020年04月01日

令和元年度から適用される配偶者控除・配偶者特別控除の見直しにいて

平成29年度税制改正により、配偶者および配偶者特別控除が見直され、次のとおり改正されることとなりました。この制度は、平成30年1月以降の所得に適用され、令和元年度の住民税から反映されます。
<改正内容>

1.配偶者控除について、納税義務者(扶養する人)に所得制限が設けられ、合計所得が900万円を超えると控除額が減少し、1,000万円を超える場合は適用できません。

2.配偶者特別控除について、配偶者の合計所得金額の上限が123万円まで拡大され、それに合わせて控除額が変更されます。また、納税義務者(扶養する人)の合計所得金額が900万円を超えると控除額が減少し、1,000万円を超える場合は従来どおり適用できません。

具体的な控除額は添付ファイルのとおりです。

この記事に関するお問い合わせ先

税務課 市税係
〒879-0492 大分県宇佐市大字上田1030番地の1 本庁舎1階

電話番号:0978-27-8129
ファックス:0978-27-8228

メールフォームによるお問い合わせ