社会福祉法人の指導監査結果について

更新日:2022年05月23日

令和3年度指導監査結果

令和3年度は、対象32法人のうち11法人に対し実地監査を行いました。

実施した11法人のうち6法人に対し、文書指導を行い、文書指導件数は、法人運営に関するもの14件、会計管理に関するもの1件、合計15件となっています。

令和3年度指導件数内訳表

指導件数
対象法人 実施数 指導件数
32法人 11法人 82件
指導件数内訳
文書指導 口頭指導
15(法人運営14、会計管理1)件 67(法人運営22、会計管理45)件

 

指導内容について

指導監査の結果、改善を要する事項については文書をもって指導し、期限を付して報告を受け、改善状況を確認します。

主な指導内容は以下のとおりです。

【文書指導】

(法人運営)

・定款変更の認可申請をすること。

・法令に沿った定款とすること。

・廃止した事業が定款に記載されているので、定款変更を行うこと。

・役員、評議員の報酬の支給基準を整備し、公表すること。

・定款で定めた人数の業務執行理事を選任すること。

・理事長は、理事会において、定款に規定した頻度で職務執行状況を報告すること。

・電話で事後報告をした理事は、理事会の出席者に含めないこと。

・理事会の議事録を速やかに作成すること。

・理事として含まれなければならない者をそれぞれ1名以上選任すること。

・評議員会への欠席が続いている評議員について、対策を検討すること。

・監事の選任に関する評議員会の議案について、監事の過半数の同意を得ること。

この記事に関するお問い合わせ先

指導監査室 
〒879-0492 大分県宇佐市大字上田1030番地の1 本庁舎4階

電話番号:0978-27-8153
ファックス:0978-32-2331

メールフォームによるお問い合わせ

ページに関する評価
このページは参考になりましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?