学生納付特例制度は、毎年度の申請が必要です

更新日:2021年04月02日

学生納付特例の承認期間は、4月~翌年3月の1年間です。引き続き学生納付特例制度のご利用を希望される方については、令和3年度の申請が必要です。申請が遅れると万一の際の障害年金などを受けられなくなる場合がありますので、すみやかな申請をお願いします。

なお、令和2年度中に学生納付特例の申請を行った方で、本年度も同じ学校に在学する方へは、日本年金機構から基礎年金番号等が印字されたハガキ形式の「学生納付特例申請書」が送付されますので、必要事項を書いて返送することで令和3年度の学生納付特例の申請ができます。

ただし、ハガキが届かなかった人や在学する学校等が変わった人などは、改めて学生証の写しや在学証明書が必要になるため、従来どおりの申請をしてください。

また、3月中に20歳になり4月以降も在学される方で申請の手続きがお済でない方については、令和2年度と令和3年度の2箇年分の申請が必要となりますので、ご注意ください。

※学生納付特例の承認期間は、年金を受け取るために必要な「受給資格期間」として扱われますが、年金額には反映しません。しかし、10年以内にその期間の保険料を納めれば、年金額にも反映します。

必要なもの

・基礎年金番号またはマイナンバーのわかるもの

・在学証明書の原本または学生証の写し

・窓口に来られる方の身分証明書(運転免許証等)

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 年金係
〒879-0492 大分県宇佐市大字上田1030番地の1 本庁舎1階

電話番号:0978-27-8124
ファックス:0978-27-8227

メールフォームによるお問い合わせ

ページに関する評価
このページは参考になりましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?