ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光文化情報 > 食・お土産・特産品 > 宇佐市の蔵元・ワイナリー紹介

宇佐市の蔵元・ワイナリー紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月23日更新

宇佐平野 麦焼酎の出荷量日本一である宇佐市。故郷・大分の豊かな自然のはぐくみと、豊穣の国『宇佐平野』で作られる香り豊かな本格麦焼酎および日本酒の蔵元をご紹介します。
 それぞれの蔵元で伝統を継承して作られたこだわりの焼酎と日本酒を是非、ご堪能ください。
 また、安心院盆地はぶどう生産の適地で、良質なブドウで作られるワインは、ジャパンワインコンペティションで金賞を受賞するほどの一品です。
 現在、宇佐市ふるさと納税返礼品として宇佐市内の銘酒も登録されていますので、ぜひご検討ください。

 宇佐市ふるさと納税返礼品取扱サイト「ふるさとチョイス」

宇佐の八蔵

宇佐市内の酒蔵の歴史

 宇佐平野は豊富な水源と恵まれた土地が広がっており、県下最大の穀倉地帯であります。市内では米、麦の生産が盛んに行われ、酒造りにも適した環境であるため多くの酒蔵が点在しました。
 また、宇佐市長洲地区に漁業を営む住民が多く、祭りや酒をよく好む風潮があり、酒の振る舞いについても豪快であったことが、酒蔵が多く存在していた理由であると言われています。

麦焼酎について

麦畑 麦焼酎の始まりは、江戸時代に年貢として米が取り立てられるようになり、焼酎作りに米が使用できなくなりました。その代替手段として米と同様に主食であった麦が使われたことが麦焼酎が始まった理由と言われています。
 明治時代以降、全国的に焼酎造りにおいては米麹が一般的であった中、1973年に二階堂酒造、1978年に宇佐市で三和酒類が大麦100%の麦焼酎の製造を開始しました。
 1975年に大分県産品愛用運動、1979年に一村一品運動で豊後特産麦焼酎を重点項目として取り上げたことで、日本全国でブームが起こったことが麦焼酎の生産を伸ばし始めた原因と言われています。
 さらに、宇佐市には酒蔵が多かったことや麦の一大産地であることなどの条件が重なり、麦焼酎の生産量が拡大していったものと思われます。

安心院のワインについて

ワイン 1971年に安心院葡萄酒工房が創業して以来、安心院で栽培されたブドウを用いた赤ワイン、白ワイン、スパークリングワインなどが生産されています。
 安心院地域は昼夜の寒冷の差が激しく、九州の中では比較的降水量が少ないため、ブドウの栽培に適しており、良質なブドウを原料とする安心院ワインは全国の愛好会から高い評価を受けています。

  宇佐市の蔵元・ワイナリー

蔵元一覧
屋号住所電話番号主要銘柄
有限会社常徳屋酒造場宇佐市大字四日市1205-20978-32-0011宇佐ぼうず 道中
常徳屋 ゆずリキュール  ほか
民潮酒舗宇佐市大字江須賀2846-60978-38-0808民潮 大吟醸
民潮 純米  ほか
縣屋酒造株式会社宇佐市安心院町折敷田1300978-44-0022縣屋
不死鳥  ほか
小松酒造場宇佐市大字長洲33410978-38-0036豊潤
大分三井  ほか
三和酒類株式会社宇佐市大字山本2231-10978-32-1431いいちこ
和香牡丹  ほか
四ツ谷酒造有限会社宇佐市大字長洲41300978-38-0148兼八
トヨノホシ 兼八  ほか
久保酒造株式会社宇佐市大字長洲3581-10978-38-0109久保 白麹
久保 樫樽長期貯蔵  ほか
大分銘醸株式会社宇佐市安心院町折敷田204-30978-44-2250大吟醸 双葉山
高精白 安心院蔵  ほか
安心院葡萄酒工房宇佐市安心院町下毛7980978-34-2210安心院スパークリングワイン
安心院ワイン ナイアガラ  ほか
安心院 小さなワイン工房宇佐市安心院町矢畑487-10978-44-4244マスカットベリーA(赤)
シャルドネ  ほか

※取扱店舗や酒蔵見学等につきましては、各店舗に直接お問い合わせください。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。