ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

年金の届出

印刷用ページを表示する 2012年6月1日更新

こんなときは届出をしてください。

必要なもの

20歳になったとき

日本年金機構から送られる通知に記入し、返信してください。第1号被保険者に該当する方には、年金手帳と納付書が送付されます。通知を紛失した場合等は、年金事務所へお問い合わせをお願いします。

厚生年金・共済組合に加入したとき

配偶者が被扶養者になった場合は、勤務先へ第3号被保険者の届出も必要です。

厚生年金や共済組合に加入する配偶者の被扶養者になったとき

配偶者の勤務先で手続きをしてください。

厚生年金・共済組合を脱退したとき

年金手帳、離職年月日が確認できる書類(離職証明書、任意継続の保険証等)、印鑑 ※配偶者が第3号被保険者の場合、同時に届出(配偶者の年金手帳、印鑑)

厚生年金や共済組合に加入する配偶者の被扶養者からはずれたとき

印鑑、年金手帳、扶養離脱年月日が確認できる書類

住所、氏名が変わったとき

年金手帳(受給者は年金証書)、印鑑

転入するとき

年金手帳、印鑑

転出するとき

転出先で手続きをしてください。

年金手帳を紛失したとき

印鑑、身分を証明できるもの

任意加入するとき

印鑑、年金手帳
※場合によっては戸籍謄本が必要になります。

免除申請
学生納付特例申請

印鑑、年金手帳

学生免除の場合

学生証の写しまたは在学証明書

失業免除の場合

離職票や雇用保険受給者証

配偶者失業の場合

離職票や雇用保険受給者証

死亡したとき

印鑑、年金手帳、年金証書、預金通帳、戸籍謄本、住民票謄(抄)本など
※年金受給者が死亡した場合は、その種類によって年金事務所等への手続きが必要です。

届出は本庁市民課国民年金係、各支所市民サービス課住民係へ 

※種類や内容によっては年金事務所等への手続きが必要です。

日本年金機構HP