ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 市民課 > 国民年金第1号被保険者の産前産後期間の保険料免除制度について

国民年金第1号被保険者の産前産後期間の保険料免除制度について

印刷用ページを表示する 2019年8月13日更新

 平成31年4月から国民年金第1号被保険者の産前産後期間の年金保険料免除制度が始まりました。(平成31年2月出産の方から一部対象になります。)
 出産された方(または出産予定の方)は申請により、対象期間中の年金保険料の納付が免除されます。
※免除された期間については保険料を納付したものとして年金額に反映されますので、すでに全額免除中の方も産前産後期間の免除に該当する場合は申請いただいた方が有利になります。

【対象となる方】

 国民年金第1号被保険者で出産日が平成31年2月1日以降の方
 ※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産を含みます。)

【免除される期間】

 出産(予定)日の属する月の前月から4か月間。
 多胎妊娠の場合は、出産(予定)日の属する月の3か月前から6か月間。

【申請先】

 お住いの市区町村の国民年金窓口

【受付可能期間】

 出産予定日の6か月前から

【必要書類】

 母子健康手帳、基礎年金番号またはマイナンバーのわかるもの、身分証明書、印鑑など

<関連ページ>

 日本年金機構ホームページ  <産前産後免除ページ>  <産前産後免除Q&A> 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)