ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 市民課 > 平成29年度分国民年金保険料免除申請の受付が始まりました

平成29年度分国民年金保険料免除申請の受付が始まりました

印刷用ページを表示する 2017年7月6日更新

 国民年金制度は保険料を納めていただくことが原則です。しかし、失業や所得の減少などにより、国民年金保険料を納めることができない場合があるため、免除や猶予の制度があります。本人(代理人可)が申請することによって、本人・世帯主・配偶者それぞれの前年所得が一定額以下の場合や離職(失業)などの場合は、保険料の全額または一部の納付が免除されます。
 ただし、保険料の免除、納付猶予、学生納付特例を受けた期間や法定免除の期間があると、保険料を全額納めたときに比べ、老齢基礎年金の年金額が少なくなります。

申請可能期間

平成29年度分だけでなく、保険料の納付期限から2年を経過していない期間についても申請できます。

免除審査期間

毎年7月から翌年6月までを対象期間とします。

納付猶予期間

平成28年7月から対象年齢が30歳未満から50歳未満へ拡大されました。

保険料追納制度

10年以内であれば、免除の承認を受けた期間の保険料をさかのぼ納め、将来受け取る年金額を増やすことができます。

申請に必要なもの

(1)年金手帳など(基礎年金番号が確認できるもの)
(2)雇用保険被保険者離職票などの写し(失業等による申請の場合)
(3)印鑑(認印)
(4)運転免許証等(代理人が申請する場合)

免除が承認された場合の納めるべき保険料額

全額免除

4分の3免除

2分の1免除

4分の1 免除

保険料額(⽉額)

0円

4,120円

8,250円

12,370円

※平成29年度保険料は月額16,490円
※減額された保険料を納めていない期間は、未納扱いとなりますのでご注意ください


意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。