ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 住民票・戸籍 > 住民票 > 事業所で個人番号カードの申請ができます

事業所で個人番号カードの申請ができます

印刷用ページを表示する 2015年11月30日更新

 「個人番号カード」は、顔写真のない「通知カード」と異なり、運転免許証と同様に本人確認書類として利用できます。市役所や行政窓口などで、マイナンバーの確認と本人確認を同時に行うことが可能です。また、e-Taxなどの電子申請などが行える電子証明書がICチップに標準搭載されています。
 カード発行は無料です。(再交付は手数料が必要)
 宇佐市では、市職員が市内の事業所に出向き、「個人番号カード」の申請を希望する従業員の本人確認をし、申請書を一括して受け付けます。申請後、個人番号カードはご自宅に本人限定受取郵便で届きます。

対象

宇佐市内に所在地があり、30名以上の方(宇佐市外の方を含む)が申請する事業所に限ります

訪問時間

午前の部 9時から11時45分  午後の部 13時30分から16時

申込方法

こちらの申込フォームからお申し込みください。 
※申込後、希望日などを調整し、事業所の担当者に市民課からご連絡いたします。

準備いただくもの

申請希望者が準備するもの

申請書、顔写真などが必要です。詳しくは、「必要な書類について」をご覧ください。

※顔写真の詳しい規格は、こちらの「地方公共団体情報システム機構」顔写真のチェックポイントを参照ください。

事業所が準備するもの

  • 電源が確保できる会議室
  • 机、イスなど
  • 申請者名簿(市民課から様式をお渡しします)

 ※場合によってはコピー機をお借りする場合があります。

事業所での「個人番号カード」の申込からカード受取までの流れ

  1. 事業所においてカード交付を希望する従業員を取りまとめる。
  2. 30人以上の申請希望者が集った時点で事業所の担当者が市民課ホームページの申込フォームから希望日などを記入し、申し込む。
  3. 市民課で申請受付日を調整し後日、担当者に連絡をする。
  4. 申請希望者は申請当日までに申請書などを記入し、必要書類を準備しておく。
  5. 市職員が事業所を訪問し、申請希望者の本人確認と書類の確認を行う。
  6. 市民課から地方公共団体情報システム機構に申請書を送付する。
  7. 地方公共団体情報システム機構から市民課にカードが送付される。
  8. 暗証番号設定依頼書に基づき、市職員が暗証番号を入力。
  9. 市民課から本人限定受取郵便で、カードを送付する。(宇佐市以外に住所がある方については、住所地の市町村から送付。) 

注意

  • 事業所ごとに申込をしていただきますので、勤務先の人事担当者などにご相談ください。
  • 事業所で申請をした場合に、申請希望者に了承をいただく事項があります。「確認書」をご確認ください。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)