ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 人権同和啓発課 > 人権講演会を開催しました(隣保館)

人権講演会を開催しました(隣保館)

印刷用ページを表示する 2017年3月6日更新

  平成28度宇佐市隣保館人権講演会を開催しました。講師の川口泰司は「山口県人権啓発センター」の事務局長をされており、自らの体験を交え、部落差別解消への熱い思いを語ってくれました。たくさんのご参加いただきありがとうございました。

講座の様子

 隣保館人権講演会川口泰司さん

開催日(終了しました)

  平成29年3月4日(土曜日) 14時~

会場

  宇佐市隣保館 集会室2階

講師紹介

 ・講師

  川口 泰司 氏 (山口県人権啓発センター事務局長)

 ・講師プロフィール

  1978年 愛媛県宇和島市の被差別部落に生まれる。中学時代、同和教育に本気で取り組む教員との出会いから解放運動に取り組むようになる。大阪の大学を卒業後、(社)部落解放・人権研究所、(社)大阪市新大阪人権協会を経て、2005年より山口県人権啓発センターの事務局長として活躍している。

 ・演題 

  「知ってた?『部落差別解消法』成立・施行!~寝た子はネットで起こされる!?~」 

・主な著書など

  「寝た子はネットで起こされる」(雑誌『ヒューライツ』2016年2月号)
  「部落出身者を忌避する意識はなくなったのか?(雑誌『部落解放』2015年6月号)
  「私の中の差別意識」(東映株式会社、2010年、人権啓発ビデオ)
  「ハートで挑戦、自己解放への道!」(解放出版社、2006年)
  「差別っていったいなんやねん?」(ビデオ「部落の心を伝えたい 第6巻」、2004年)
  「INTREVIEW『部落出身』-12人の今、そしてここから-」(解放出版社編、2003年)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。