ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 人権同和啓発課 > 「みんな同じ重さのいのちなのにっ!」(人権講演会を開催しました)

「みんな同じ重さのいのちなのにっ!」(人権講演会を開催しました)

印刷用ページを表示する 2016年12月1日更新

講演会

 8月の差別をなくす運動月間にさきがけて、7月27日に宇佐文化会館・ウサノピアで市人権啓発推進協議会主催の人権講演会を開催しました。
 講師に、明尊寺の住職である藤村暢さんをお招きし、「みんな同じ重さのいのちなのにっ!」をテーマにケガレや迷信、差別についてお話しいただきました。
 葬儀や法事、結婚式などで昔から言い伝えられてきた迷信について具体例をあげて説明して頂き、自分の中に潜んでいる差別や偏見に気づかされるお話でした。
 たくさんの方のご参加、また、アンケートにご協力くださいまして、ありがとうございました。

講演会講演会講演会

アンケートより

 ●もっとたくさんの方に、聞いてもらいたい。(40代・女性)
 ●身近な生活の中での迷信や差別につながる話を聞かせていただき、大変よかったです。(50代・女性)
 ●疑問をもち、立ち止まる、考える。そして学び合う姿勢が、いろいろな場所で必要だと思いました。(50代・男性)
 ●とても勉強になりました。ありがとうございました。(20代・女性)
 ●身近な話で、楽に聴くことができました。(70歳以上・男性)

 アンケート集計結果(総会・講演会) [PDFファイル/176KB]  自由意見(総会・講演会) [PDFファイル/260KB]

講師 藤村暢さんのプロフィール

  竹田市・大野郡内の小学校、中学校に勤務され、2014年3月に大野中学校を退職されました。この間、中部小学校で4年間、大野中学校で4年間同和教育推進教員を務めていました。現在は、法壽山明尊寺のご住職をされています。

宇佐市人権啓発推進協議会 総会

 上記講演会の前には、同会場において市人権啓発推進協議会による総会を開催しました。総会では、大分県、大分県教育委員会、大分県人権教育・啓発推進協議会主催により行われました「差別をなくす人権標語」の平成27年度受賞者に表彰を行いました。

表彰式表彰式表彰式

表彰式表彰式表彰式

※宇佐市人権同和啓発課は、宇佐市人権啓発推進協議会の事務局です。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)