ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 人権同和啓発課 > 宇佐市人権施策基本計画、宇佐市人権施策実施計画を公表します

宇佐市人権施策基本計画、宇佐市人権施策実施計画を公表します

印刷用ページを表示する 2015年1月7日更新

宇佐市人権施策基本計画

 市では、総合的かつ効果的な人権施策の取組を推進するために、平成18年4月「宇佐市人権施策基本計画」を策定しました。
 すべての市民の基本的人権が尊重されるまちづくりを推進し、家庭や地域の中の社会制度や慣習を原因とする差別の解消に向け、市民の人権についての理解を深めるとともに、「共生社会」の実現をめざします。

宇佐市人権施策基本計画 [PDFファイル/298KB]

宇佐市人権施策実施計画

 基本計画をより具体化するものとして、「宇佐市人権施策実施計画」を策定しました。
 実施計画では、基本計画に示した8つの分野別施策に基づき、「共生社会の実現」と「人権文化の構築」による「人権尊重社会」を実現するために、具体的な取組を明確にしていきます。

 「共生社会」とは、誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合い、多様な在り方や多様な価値観をお互いに認め合える、共に生きていく、全員参加型の社会です。
 また、「人権文化」とは、日常生活の中で、お互いの人権を尊重することを、自然に感じたり、考えたり、行動することが定着した生活の有り様そのものをいいます。
 たとえば、雨の日に車で歩行者に出会ったときに、車のスピードを落として、泥水がかからないように相手のことを考えた行動をとることなどです。
 日常の交流を通して、お互いが「こころの壁」をとりはらい、それぞれの価値観やライフスタイルの違いを受け入れ、相手の気持ちや立場を理解し、自分以外の人を思いやる感性を磨いていくことが大切です。これらの積み重ねが、日常の身近なできごとを人権の視点から考えることにつながり、人権を尊重することを当然のこととして自然と行動に結びつけられるようになります。

宇佐市人権施策実施計画(平成25年度~平成29年度) [PDFファイル/2.36MB]


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)