ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 契約管財課 > クレダス(Credas)の廃止に伴うコブリス(Cobris)への移行について

クレダス(Credas)の廃止に伴うコブリス(Cobris)への移行について

印刷用ページを表示する 2018年4月25日更新
クレダス(Credas)システムの廃止(平成30年3月31日)

宇佐市発注の建設工事においては、「大分県建設リサイクルガイドライン」に基づき、請負工事契約において、クレダス(Credas)システムによる「再生資源利用計画(実施)書」「再生資源利用促進計画(実施)書」の作成を指定していましたが、平成30年3月31日をもってクレダスシステムが廃止となりました。

◎平成30年4月1日以降に契約をした建設工事の受注者については、コブリス(Cobris)システムにて入力して下さい。
また、工事完成時には以下の書類を印刷し発注者へ提出して下さい。

       ・「再生資源利用計画(実施)書」「再生資源利用促進計画(実施)書」

※コブリスで入力した工事では、上記に関するデータ(CD等)の発注者への提出は不要です。
※平成29年度以前に発注され、平成30年4月1日以降に継続している工事についても、可能な限りコブリスでの入力をお願いします。

コブリス(Cobris)システムについて

従来のクレダスがシステムをダウンロードして利用していたのに対し、コブリスではシステムにログインしてオンラインでの利用(有料)になります。コブリスへログインするには、システム管理・運営している「建設副産物情報センター」に、システム利用申請が必要です。詳細は、「建設副産物情報センター」のホームページをご覧下さい。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)