ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 文化・スポーツ振興課 > モンゴル国立ザナバザル博物館 修復研究室室長 表敬訪問

モンゴル国立ザナバザル博物館 修復研究室室長 表敬訪問

印刷用ページを表示する 2018年10月1日更新

モンゴル国立ザナバザル博物館修復研究室長表敬訪問モンゴル国立ザナバザル博物館修復研究室長表敬訪問モンゴル国立ザナバザル博物館修復研究室長表敬訪問

 平成30年9月28日(金曜日)、先日、おおいた国際交流プラザで開催された「国際理解講座」の講師として来日したモンゴル国立ザナバザル博物館の修復研究室長リエンチンオチル・チンゾルグさんが、おおいた国際交流プラザ国際交流課長の橋本靖彦さんと大分県立歴史博物館モンゴル展担当の稗田さん3名で宇佐市長へ表敬訪問のため来庁されました。

 リエンチンオチル・チンゾルグさんは、平成31年度県立歴史博物館自主事業として計画中の「モンゴル展(仮称)」のモンゴル国側責任者も務めます。また、リエンチンオチル・チンゾルグさんは芸術家としての活動も行っており、宇佐市へご自身の作品を寄贈していただきました。

 宇佐市はこれまでも、宇佐市長をはじめとする訪問団のモンゴル国訪問やモンゴル国テコンドーナショナルチームと全日本強化指定選手の合同合宿を開催するなど、ざまざまな分野での交流があり、市長は「日本とモンゴル国は共通する点が多く、宇佐市としてもこれまでも数多くの交流をしてきました。これからもモンゴル国との友好関係を続けていきたいと思います。」と挨拶をしました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。