ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 文化・スポーツ振興課 > 2018日本拳法総合選手権大会出場報告会

2018日本拳法総合選手権大会出場報告会

印刷用ページを表示する 2018年9月3日更新

2018日本拳法総合選手権2018日本拳法総合選手権2018日本拳法総合選手権

 平成30年6月10日(日曜日)に、宇佐市総合運動場武道場で行われました「第11回日本拳法九州総合選手権」において、木村 琉希(きむら りゅうき)選手(西部中1年)と谷村 康太(たにむら こうた)選手(駅館小3年)が優勝という輝かしい成績を収めました。
 また、7月1日(日曜日)に大分拳精館道場で行われた「2018総合選手権大分県予選会」において、木村 夏絆(きむら なずな)選手と吉田 浩柊(よしだ ひろと)選手(駅川中1年)が入賞という成績を残し、4名の選手は9月16日に大阪市中央体育館で行われる「2018日本拳法総合選手権」に出場することになりました。


 8月30日(木曜日)に来庁され、選手の紹介や大会の概要などを市長へ報告されました。
選手の皆さんは「全国大会では練習でやっていることを試合で出して、一つでも多く勝ちたい」と全国大会への決意を表明しました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。