ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 文化・スポーツ振興課 > 宮竹眞澄・心のふる里人形展・大分100回展

宮竹眞澄・心のふる里人形展・大分100回展

印刷用ページを表示する 2019年4月10日更新

  宮竹眞澄 心のふる里人形展

屈託なく笑う近所の農家のおばちゃん・・

            こんな人形を創りたいと思った。

 宮竹眞澄氏は宇佐市出身で長洲小学校、天峰中学校、四日市高校を卒業し、現在北海道で生活をしています。人形の創作を独学で学び全国各地で展示会を開催しています。
 人形は昭和の情景や農村で働く人などを題材とし、素朴でわかりやすく創作の原点は生まれ育った宇佐で過ごしたふる里の情景にあり、多くの人を温かい気持ちにしてくれます。

 ・心のふる里人形展ホームページ(外部サイト)

 ・宮竹眞澄 心のふる里人形展チラシ  [PDFファイル/298KB]

 ・宮竹眞澄 プロフィール [PDFファイル/300KB]

 日時

平成31年4月3日(水曜日)~5月5日(日曜日) 10時00分~17時00分 ※最終日は15時まで

開催場所

Opam(大分県立美術館) 3F 展示室B

入場料

一般500円、高校生・大学生300円、小・中学生100円

問い合わせ先

宮竹眞澄の人形工房  電話:0166-36-6221

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)