ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 危機管理課 > 宇佐市で交通死亡事故連続発生!! 安全運転を心がけましょう

宇佐市で交通死亡事故連続発生!! 安全運転を心がけましょう

印刷用ページを表示する 2013年3月18日更新

宇佐市で交通死亡事故2件発生!!

宇佐市安心院町で交通死亡事故が発生しました!!

 平成25年2月27日午後7時10分頃、宇佐市安心院町大見尾の県道42号(山香院内線)上で、道路を歩いて横断中の高齢女性が、帰宅中の男性が運転する普通乗用車にはねられ亡くなる交通死亡事故が発生しました。

宇佐市畑田で交通死亡事故が発生しました!!

 平成25年3月2日午前1時過ぎ頃、宇佐市畑田の県道44号(宇佐本耶馬渓線)上で、道路を歩いて横断中の高齢男性が、64歳の男性が運転する軽乗用車にはねられ亡くなる交通死亡事故が発生しました。
 宇佐市で発生した死亡事故は、いずれも夜間、道路を歩いて横断中の高齢者を、自動車がはねて死亡させた事故です。
 宇佐市内で交通死亡事故が連続で発生し、4日間で2件2名の方が亡くなったことから、3月4日から13日までの10日間、宇佐市長による交通非常事態宣言が発令され、青パトや交通指導員等による広報啓発活動を強化しました。発令期間は終了しましたが、交通死亡事故のこれ以上の発生をくい止めるため、宇佐市では引き続き交通安全の諸対策に取り組んで参ります。

悲惨な死亡事故をおこさないために

車を運転する方は、道路状況に応じた安全速度を守りましょう

 そのスピードで止まれますか?
 昼か夜か、晴れか雨か、渋滞しているかなど、道路状況によって、『安全速度』は変わります。
 道路状況に応じた『安全速度』で交通事故を未然に防ぎましょう。

『危険予知運転』と『防衛運転』を励行しましょう

危険予知とは、
・道路脇から子どもやお年寄りが飛び出してくるかもしれない
・前を走るドライバーが急ブレーキをかけるかもしれない  など
防衛運転とは、
・ミラーや目視等により、こまめに自車の周囲の状況を把握する
・安全な車間距離を維持する  など

悲惨な死亡事故にあわないために

●●●高齢者が夜間 道路を横断中 犠牲に!!●●●

 子どもやお年寄りが悲惨な交通事故に巻き込まれないためには、まわりの保護者や家族がしっかり安全を守る環境を作ることも大切です。
 日頃からそれぞれの家庭で交通安全・家内安全のための話し合いをしておきましょう。