ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 危機管理課 > 安心院における活断層について(萱籠断層)

安心院における活断層について(萱籠断層)

印刷用ページを表示する 2017年9月15日更新

 国土地理院では、阪神淡路大震災をきっかけに地震災害を引き起こす可能性がある活断層の情報公開を目的に、活断層の位置等を表示した「都市圏活断層図」を平成7年から作成しており、平成29年8月24日に、別府―万年山断層帯の北側に位置する「豊岡」地域をはじめとする全国5か所の都市圏活断層図を公表しました。
 この中で、宇佐・別府・日出・杵築の4市町にまたがる「豊岡」地域においては、新たに存在が確認された萱籠断層(安心院町萱籠から筌ノ口に延びる約3kmの縦ずれ断層)を加えた23の活断層が明示されています。
 萱籠断層の存在は、以前から予測されていましたが、今回の調査により、その存在が確認されました。
 なお、断層の詳細につきましては、国土地理院のホームページからご確認ください。 

国土地理院ホームページ

・都市圏活断層図について

・別府―万年山断層帯とその周辺「豊岡」

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。