ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 危機管理課 > 罹災(りさい)証明などの発行について

罹災(りさい)証明などの発行について

印刷用ページを表示する 2016年5月9日更新
 この度の熊本・大分地震により被災された皆さんに対し、心からお見舞い申し上げます。
 市では、地震により住家などに被害を受けられた方に対して、罹災(りさい)証明書、被災届出証明書の発行を行っています。
 ご不明な点につきましては、危機管理課までお問い合わせください。

◎罹災証明書

罹災証明書とは

 「災害に係る住家等の被害認定基準運用指針(内閣府)」などに基づき建物の被害程度を証明するもので、市の職員による被害認定調査を行い、全壊や半壊などの区分で被害程度を判定します。主に公的な支援などを受ける場合に使用します。現地調査が必要であるため、受付から証明書発行までにある程度の日数を要します。
 なお、罹災証明の交付を受けた方が、被害の程度について相当の理由をもって修正を求めるときは、交付を受けた日の翌日から起算して6月以内に再調査を申請することができます。

◎被災届出証明書

被災届出証明書とは

 災害による物件などの被害について、写真などで確認し、被災者から罹災の届出があったことを証明するものです。被害程度の判定を必要としない住宅の被害、車両や家財などの被害に関して、主に保険請求用の資料として発行します。基本的に即日発行します。

◎受付場所

本庁 危機管理課
支所 地域振興課

◎手続きに必要なもの

・申請書(下記よりダウンロードしてください)
・被害の状況が確認できる写真
・委任状(ご本人、同居親族以外の方が申請される場合)

◎提出様式


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)