ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 危機管理課 > 大分県石油商業組合宇佐支部と防災協定を締結しました

大分県石油商業組合宇佐支部と防災協定を締結しました

印刷用ページを表示する 2015年7月6日更新

 平成27年7月6日(月曜日)、市役所において、「災害時における石油類燃料の供給等に関する協定」が結ばれました。 
 大規模災害発生時には、救助・救援活動などを行う緊急車両や避難所・庁舎の暖房・発電用機器などの石油類燃料の供給が不可欠となります。 
 この協定は、宇佐市が緊急車両への給油や避難所・施設等の暖房・発電用の石油類燃料の優先供給を組合へお願いし、組合がこれに応えて、石油類燃料を優先して供給するという内容です。 
 この協定の締結により、災害時に緊急車両への給油が行われ、被災者などの救助・救援活動が迅速に実施できます。また、避難所の暖房機器などへの石油類燃料の確保が図られ、災害応急対策などを円滑に実施できる体制が整うこととなります。

協定の内容

 1.救助・救援業務車両などに必要な燃料を優先的に供給すること。
 2.避難所等の発電や暖房等に必要な燃料を優先的に供給すること。
 3.組合員の給油所において、被災者や避難者に対し、災害情報やトイレの使用など可能な範囲で提供すること。

調印風景石油商業組合宇佐支部長挨拶記念撮影

大分県石油商業組合