ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 危機管理課 > 振り込め詐欺多発!! 振り込め詐欺発生状況

振り込め詐欺多発!! 振り込め詐欺発生状況

印刷用ページを表示する 2013年3月19日更新

振り込め詐欺に注意しましょう!!

      ~ 振り込め詐欺被害 大幅増加!! ~ 
 平成24年中、大分県内では28件の振り込め詐欺被害を認知しており、被害額は4,237万円にのぼり、前年と比べて認知件数は2倍以上、被害額は4倍近くに大幅増加しています。
 平成25年に入ってからも大分県内では昨年に引き続き、高校の卒業生名簿を悪用したと思われる不審電話や市の職員をかたる電話等が相次いでおり、現実に高齢者が現金を振り込むなどして、だまし取られる被害も発生しています。

        ~ 知っていても だまされる!! ~ 
 振り込め詐欺被害者のほとんどは、テレビや新聞のニュースなどで振り込め詐欺に関する知識がありながら、言葉巧みな犯人達の話を信用してしまい、現金をだまし取られています。

振り込め詐欺 だまされないためには

 ~ ちょっと待て! 振り込む前に 家族へ連絡!! ~
○不審な電話や手紙、メールが来ても慌てずに、必ず家族や警察に相談しましょう。
○家族を名乗る人から、「携帯電話の番号が変わった」との連絡があった場合には、試しに番号が変わる前の携帯電話に連絡をとりましょう。
○被害者の多くは高齢者です。振り込みをする前に必ず家族に相談できるように、日頃から家族で話し合いをしておきましょう。

 ~ オレオレに 家族で決める 愛言葉 ~
○家族同士の電話の時に、本物の家族かどうかを確認するために、「合い(愛)言葉」を決めておくことも非常に有効です。

 ~ 『キーワード』の入った電話を受けたらすぐに相談 ~
○振り込め詐欺の手口は次々に新しいものが出ています。犯人側の手口を知り、いざというときにピンとくるように、免疫をつけましょう。
○振り込め詐欺で使われる「キーワード」や相談先の連絡先を紙に書いて、電話の前など目立つところに貼っておきましょう。

 ~ 『だまされたふり作戦』で 詐欺グループを壊滅しよう!! ~

○詐欺だとピンとくれば、『だまされたふり』をして電話を切り、すぐに110番!!
※大分県内でも、『だまされたふり作戦』で、多くの振り込め詐欺犯人が検挙されています。
※振り込め詐欺に使われる銀行口座や携帯電話の情報を警察に提供することで、さらなる被害防止にもつながります。

振り込め詐欺の発生状況

大分県内 過去3年間の振り込め詐欺発生状況
認知件数
(件)
被害金額
(円)

平成22年

29

1,784万

平成23年

12

1,075万

平成24年

28

4,237万
※平成24年中、被害金額は4,237万円にものぼっています!!
手口別 発生状況(平成24年)
手口件数・割合
(件・%)
金額1件あたりの
平均被害額
オレオレ詐欺

15 (53.6%)

3,283万円

218万円
架空請求詐欺

8 (28.6%)

422万円

52万円
融資保証金詐欺

3 (10.7%)

33万円

11万円
還付金等詐欺

2  (7.1%)

499万円

249万円
※オレオレ詐欺が多発!! 架空請求詐欺も増えています!!
※1件あたりの平均被害額は還付金詐欺、オレオレ詐欺で200万円以上!!
手口・年代別 被害状況(平成24年)
手口20歳代30歳代40歳代50歳代60歳以上
オレオレ詐欺47%53%
架空請求詐欺37.5%12.5%37.5%12.5%
融資保証金詐欺66.7%33.3%
還付金等詐欺100%
年代別人数
/(割合)
3人
(10.7%)
1人
(3.5%)
5人
(17.9%)
7人
(25%)
12人
(42.9%)
※被害者の約4割は、60歳以上!! 50歳代でもオレオレ詐欺の被害者に!!
 若年層では、架空請求詐欺被害が多発!!