ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 危機管理課 > 過去10年間の県内・市内の交通事故発生状況

過去10年間の県内・市内の交通事故発生状況

印刷用ページを表示する 2019年10月10日更新

交通事故発生状況

 宇佐市内では、一年を通して、毎月人身交通事故が発生しており、交通死亡事故も毎年発生しています。
平成31年・令和元年は、『交通死亡事故ゼロ』の実現を目指してきましたが、6月9日に宇佐市安心院町野山で、6月28日には宇佐市下高で、それぞれ交通死亡事故が発生し、2名の方が尊い命を亡くされました。
 交通事故が自分の身にも起こりうるものとしてとらえ、一人ひとりが交通安全への意識をより高く持ち、これ以上悲惨な交通事故の犠牲者がでないようにしましょう。

宇佐市内(宇佐署管内)・過去10年間の交通事故発生状況(平成30年12月31日現在)

人身事故件数

(件)

死者数

(人)

負傷者数

(人)

平成20年

354

485

平成21年

329

466

平成22年

311

456

平成23年

338

476

平成24年

323

426

平成25年

334

455

平成26年

292

417

平成27年

280

400

平成28年

237

319

平成29年

218

304

平成30年

171

226

平均

289.7

3.9

402.7

  大分県内・過去10年間の交通事故発生状況(平成30年12月31日現在)

人身事故件数

(件)

死者数

(人)

負傷者数

(人)

平成20年

6,977

77

9,153

平成21年

6,626

52

8,660

平成22年

6,331

65

8,241

平成23年

6,203

45

8,073

平成24年

6,059

40

7,851

平成25年

5,767

60

7,498

平成26年

5,161

56

6,670

平成27年

4,917

46

6,434

平成28年

4,478

42

5,862

平成29年

4,131

44

5,332

平成30年

3,610

39

4,609

平均

5,478.2

51.5

7,125.7

交通事故にあわない、おこさないために

 歩行者の皆さんへ

○夜間は明るい服装で、反射材やハンドライトを使用しましょう。
○無理な横断は、絶対にやめましょう。
○道路を横断する際は、中央付近でもう一度左方を確認しましょう。 

自転車に乗る皆さんへ

○夕暮れ時・夜間・早朝には、必ずライトを点灯させましょう。
○運転中の携帯電話・音楽プレイヤーの使用は絶対にやめましょう。
○傘さし運転や並進はやめましょう。
○自転車も車です。飲酒運転は絶対にやめましょう。
○ヘルメットを着用しましょう。

 ドライバーの皆さんへ

○初心運転をこころがけ、交通ルール・交通マナーを守りましょう。
○子どもやお年寄りにやさしい運転を心がけましょう。
○スピードの出しすぎに注意し、ゆとりを持った運転を心がけましょう。
○予測運転を心がけ、交差点では十分に安全確認をしましょう。
○運転中の携帯電話使用やわき見運転は、絶対にやめましょう。
○「飲んだらのれん」 飲酒運転は絶対にしない、させないようにしましょう。  

おしまいに・・・

 交通事故を起こしたくて起こす人はいません。しかし、人が車を運転し車が道路を走る以上、交通事故が起こる可能性はゼロにはなりません。
 大切な人を守るために、家庭や学校、職場で交通安全について、いつも話し合うようにしましょう。

~ おこさず あわず 事故ゼロ ~

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。