ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 危機管理課 > 宇佐市内で自転車がはねられる交通死亡事故が発生!!

宇佐市内で自転車がはねられる交通死亡事故が発生!!

印刷用ページを表示する 2014年7月7日更新

宇佐市大字芝原で交通死亡事故発生!!

 深夜に、自転車が普通貨物車と衝突した交通事故!!

 平成26年7月6日午前2時10分頃、宇佐市大字芝原の宇佐フラワーロード2号線上で、道路を横断しようとしていた自転車が普通貨物車と衝突し、その後、普通貨物車は対向車線を進行していたパトカーと衝突しました。
 この事故で、自転車を運転していた63歳の男性が亡くなりました。

 自転車での交通事故を防ぐために

自転車を運転する際に気を付けるポイント

  • 自転車は、道路交通法上、「車両等」という位置づけであり、通行の際は、車道の左側を通行するのが原則です。ただし、道路の状況や、他の車両の通行状況から車道を通行するのが危険な場合は、歩道を通行することができます。ただし、歩道を通行する場合は歩行者が優先ですので、歩行者の通行を妨げないようにしましょう。
     また、夜間に自転車に乗る場合は、自転車のライトや反射器などがきちんと整備されているか確認するとともに、服装も、白や黄色など、明るい色合いにすることを心がけましょう。
  • 交差点では、安全確認を十分に行い、危険がないことを確認してから通過しましょう。
    また、道路を横断する際は、きちんと左右の安全確認をしましょう。
    斜め横断は、道路の横断が終わるまでの時間が長くなり、交通事故に遭う危険性が強くなるので、絶対にやめましょう。

車を運転する際に気を付けるポイント

  • 道路上で他の自転車や歩行者などを確認したら、「まさか自分の前には飛び出さないだろう」というような先入観はもたず、「飛び出してくるかもしれない」という意識を持ち、相手が予想外の行動に出ても交通事故を回避できるようにしましょう。
  • 深夜や早朝の時間帯であっても、自転車や歩行者が通行している可能性があります。交通量が少ない時間帯であっても、決して油断せず、きちんと前をよく見て運転しましょう。

交通非常事態宣言発令!!

 今回の死亡事故をうけ、平成26年7月6日(日曜日)から7月10日(木曜日)までの5日間、宇佐警察署長により交通非常事態宣言が発令されました。
 宇佐市内では、6月27日から7月6日までのわずか10日間に3件3名の交通死亡事故が発生しています。
 交通事故は、誰にも身近に発生しうるもので、自分自身や家族の幸せを一瞬で奪う悲惨なものです。
 安全運転を心がけ、絶対に交通事故を起こさないようにしましょう。