ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 危機管理課 > 宇佐市で交通死亡事故連続発生!! 安全運転を心がけましょう

宇佐市で交通死亡事故連続発生!! 安全運転を心がけましょう

印刷用ページを表示する 2014年6月30日更新

宇佐市で交通死亡事故が2日連続で発生!!

宇佐市大字金屋で交通死亡事故が発生しました!!

 平成26年6月27日午前8時10分頃、宇佐市大字金屋の見通しの良い交差点で、普通乗用車と軽四貨物車が出合い頭で衝突し、軽四貨物車を運転していた高齢者の男性が亡くなる交通死亡事故が発生しました。

宇佐市院内町香下で交通死亡事故が発生しました!!

 平成26年6月28日午前0時40分ころ、宇佐市院内町香下の国道387号上で、道路を歩行中の高齢者が、普通乗用車にはねられ亡くなる交通死亡事故が発生しました。

宇佐市長と宇佐警察署長連名による交通非常事態宣言発令!!

 宇佐市内で交通死亡事故が連続で発生し、2件2名の方が亡くなったことから、宇佐市長と宇佐警察署長の連名により、6月28日から7月4日までの7日間の交通非常事態宣言が発令され、青パトや交通指導員等による広報啓発活動を強化しています。
 交通死亡事故のこれ以上の発生をくい止めるため、宇佐市では引き続き交通安全の諸対策に取り組んで参ります。

悲惨な死亡事故をおこさないために

車を運転する方は、前をよく見て安全運転を!

 交通人身事故の約40%は、脇見運転など「前をよく見ていない運転」によるものです。
 交通事故を起こさないためには、車を運転する時に、緊張感をもって、意識して前をよく見ることが何よりも大切です。

交差点で交通事故を起こさないために

 交差点に入る際は、見通しの悪い交差点はもちろんのこと、見通しの良い交差点であっても、必ず、徐行や一時停止をしましょう。
 また、他の車や歩行者がいる場合は、相手が止まってくれるだろうというような「だろう運転」はせず、相手が止まってくれないかもしれないというような「かもしれない運転」を心がけましょう。

悲惨な死亡事故にあわないために

●●●高齢者が夜間 道路を歩行中 犠牲に!!●●●

 子どもやお年寄りが悲惨な交通事故に巻き込まれないためには、まわりの保護者や家族がしっかり安全を守る環境を作ることも大切です。
 日頃からそれぞれの家庭で交通安全・家内安全のための話し合いをしておきましょう。