ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 危機管理課 > 宇佐市でオートバイによる交通死亡事故が発生!!

宇佐市でオートバイによる交通死亡事故が発生!!

印刷用ページを表示する 2014年5月11日更新

宇佐市院内町で交通死亡事故発生!!

 亡くなられた方は、オートバイでツーリング中!!

 平成26年5月10日午後3時過ぎ頃、宇佐市院内町西椎屋の国道387号上で、オートバイでツーリング中の男性が対向車両の軽四乗用車と衝突し、その後道路外に転落し、亡くなりました。

大分県内でもオートバイ乗車中の死亡事故が多発しています!!

 大分県内でも本年に入ってからオートバイによる交通死亡事故が6件発生し、そのうち3件は、ツーリング中に発生しております。大型連休から秋にかけて行楽シーズンが続くことから、ツーリングを楽しむ方も多いと思いますが、オートバイの運転には、特に注意が必要です。

 オートバイによる交通事故を防ぐためには

スピードを絶対に出しすぎない!!

  • オートバイは、四輪車と比べてスピードが出やすく、また、交通事故になった場合、その衝撃が直接運転者の身体に及ぶため、大事故につながりやすいのが特徴です。
  • また、オートバイを運転中の交通事故で特に多いのが「カーブを曲がり切れずに車線を飛び出した」というものです。 
  • 自分の運転技術や、オートバイの性能を過信せず、制限速度をきちんと守り、安全運転を心がけましょう。

ゆとりのある運転計画を立てましょう!

  • ツーリングなどの長距離運転を行う場合、無理な運転計画を立ててしまい、運転手が疲れてしまったり、無理な運転をしてしまう場合があります。
  • ゆとりある運転計画を立て、無理な運転をしないようにするとともに、休憩を十分に取り、疲れによる集中力の低下を招かないようにしましょう。
  • 複数台でツーリングに行く場合、先頭を走る人は、後続車に無理をさせないペースを維持しましょう。

交通非常事態宣言発令!!

 今回の死亡事故をうけ、平成26年5月10日(土曜日)から14日(水曜日)までの5日間、宇佐警察署長により交通非常事態宣言が発令されました。