ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 危機管理課 > 県職員をかたる詐欺事件の発生について

県職員をかたる詐欺事件の発生について

印刷用ページを表示する 2014年1月31日更新

高齢者を狙う詐欺事件発生!!

事件の概要 ~被害金額は10万円!!~

 平成26年1月30日午前10時頃、宇佐市内に住む高齢女性の自宅に、年齢60歳くらいの男が訪れ、
「県の者です。独り者の中から奥さんが選ばれました。」
「115万円までなら必要なだけあげます。」
「ただし、そのためには金額の1割下さい。」
などと言われ、女性が現金10万円をだまし取られる被害にあいました。

うまいもうけ話ほど気をつけましょう!!

  • 県や市役所の職員、警察官や弁護士、正規の資格を持った業者であることを装い、信用させる詐欺や悪質訪問販売などの被害が多発しています。
  • これらの犯人は、言葉たくみにもうけ話を持ち掛け、被害者が誰かに相談させないようにします。
  • 「いい話だな」と思った時ほど、その場で支払いや契約をせず、まず家族や市役所、警察署等に相談しましょう!! 

※ 市役所(危機管理課交通防犯係)や警察への相談は、電話による『匿名』でも可能です!!