ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 危機管理課 > 宇佐市で交通死亡事故発生!!

宇佐市で交通死亡事故発生!!

印刷用ページを表示する 2013年12月27日更新

交通死亡事故発生!! 市内の犠牲者は3人目!!

 被害者・加害者ともに高齢者!!

 平成25年12月26日午後5時頃、宇佐市長洲の県道23号(中津高田線)上で、横断歩道を歩いて横断中の高齢女性が、78歳の男性が運転する軽乗用車にはねられて亡くなる交通死亡事故が発生しました。
 平成25年中に宇佐市内では、交通事故により3人の方が犠牲となっています。

大分県内でも死亡事故多発!! 犠牲者は60人に!!

 大分県内でも交通死亡事故が多発しており、12月27日未明までの時点で、平成25年中の犠牲者は60人と、平成24年中より20人も増加しています。

 事故の特徴(事故を防ぐためには)

道路(横断歩道)を横断中の高齢者が被害に!!

  • 体調管理を心がけ、わき見運転に注意しましょう。
  • 横断歩道はもちろん、横断歩道がない道路でも、歩行者の横断や飛び出しを予測し、安全な速度での運転を心がけましょう。
  • 歩行者も、道路を横断するときは、左右の安全確認をしっかりしましょう。

夕暮れ時に発生!!

  • 車も自転車も、早めのライト点灯を心がけましょう。
  • 歩行者は明るい服装で、反射タスキやハンドライトを使用しましょう。
  • 雨降り時は特に視認性が悪くなります。危険予測と危険回避に備えた運転を心がけましょう。

便利なクルマも凶器になります!!

  • 交通事故を起こしたくて起こす人はいません。車は、運転する人次第で凶器にもなり得ることを認識し、ハンドルを握りましょう。
  • 自動車の運転に自信がなくなった、または運転する機会が少なくなった高齢者の方は、運転免許証の自主返納制度の利用について検討しましょう。

交通非常事態宣言発令!!

 今回の死亡事故をうけ、平成25年12月26日(木曜日)から30日(月曜日)までの5日間、宇佐警察署長により交通非常事態宣言が発令されました。