ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 危機管理課 > 熊本県長洲町と災害時相互応援協定を締結しました!

熊本県長洲町と災害時相互応援協定を締結しました!

印刷用ページを表示する 2013年9月19日更新

 平成25年9月17日(火曜日)、宇佐市役所において、両市町の議会議長立会のもと、熊本県長洲町と「災害時相互応援に関する協定書」を締結しました。
 宇佐市では、 広域災害に備え、迅速かつ適切な応急措置を実施するため様々な取り組みをしています。
今回、両市町に“長洲”という同じ地名があることが縁で、両市町の長洲中学校やライオンズクラブなどによる交流が盛んに行なわれていることや、九州の東西に位置し、同じ災害で同時被災する可能性が低いことから、熊本県長洲町と災害時相互応援協定を締結しました。長洲町との協定締結は、県外市町村間の災害時協定として、奈良県奈良市、大阪府八尾市、岡山県和気町に次ぐ4件目です。

集合写真長洲町長あいさつ調印風景

※左から徳田宇佐市議会議長、是永宇佐市長、中逸長洲町長、松井長洲町議会議長

主な内容

  • 食料、飲料、車両などの提供
  • 救援や復旧活動に必要な職員の派遣 など

熊本県長洲町

【人口】約16,645人(平成25年8月末現在)
【面積】19.44平方km
 長洲町は、熊本県の北部に位置しています。(北緯:32度55分35秒 東経:130度27分02秒)西・南部は有明海に面し、
対岸には島原半島を望み、北は荒尾市と隣接、東部は県立公園小岱山を擁して、南東部を流れる行末川を境に玉名
市と接した町で、九州鹿児島本線が北西から南東に町を走り、海上は長洲港と長崎県の多比良港とを結ぶ有明フェリー
が運航しており、交通の便に恵まれています。有明海の恵みを受け温暖で暮らしやすい気候のもとで、豊かな自然と、
工業地帯が共存する町として発展しています。
◆長洲町HP◆ ※外部サイトとなります。