ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

期日前投票

印刷用ページを表示する 2016年8月19日更新

 選挙期日(投票日)に投票所に行けない方 

期日前投票忘れずに

 選挙は、選挙期日(投票日)に投票所において投票することを原則としていますが、選挙期日の前であっても、選挙期日と同じように投票用紙を直接、投票箱へ入れることができる仕組みを「期日前投票制度」といいます。(公職選挙法第48条の2)
 投票日当日、仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭等の理由で投票所に行けない方は、期日前投票をご利用ください。 

※投票の際には「宣誓書」の提出が必要となります。

投票期間

 選挙期日の公示日(告示日)翌日から選挙期日の前日まで(この間の土曜日、日曜日、祝日も投票できます。)

投票時間

 午前8時30分から午後8時まで

 投票場所

  投票日当日の投票と違い、投票所を指定していないので、市内に3カ所設けている期日前投票所でしたら、どこでも投票ができます。

 「地図」の文字をクリックすると、期日前投票所周辺の地図が開きます。

期日前投票所名と所在地

地図

宇佐市役所(本庁)/宇佐市大字上田1030番地の1

地図

宇佐市安心院支所/宇佐市安心院町下毛2115番地

地図

宇佐市院内支所/宇佐市院内町山城39番地

地図

※「長洲出張所」と「四日市出張所」では期日前投票を行っていません。

必要なもの

 投票所入場整理券が届いている場合は、期日前投票所に持ってきてください。
 投票所入場整理券が届いていない場合でも、本人確認がとれ選挙人名簿に登録されていれば投票できますので、各投票所の係員に申し出てください。

※本人確認の際に、運転免許証や保険証などを見せていただくこともありますので、ご協力お願いします。

宣誓書の提出

 投票日当日の投票と違い、公職選挙法施行令により「宣誓書」を提出しなければならないとされています。当日投票に行けない理由の該当欄に「〇」印をつけ、住所・氏名等を書いていただきます。(印鑑は不要です。)
 また、投票所入場整理券の裏面にある宣誓書に、あらかじめ記入してお越しいただけると短時間で投票ができます。
 投票入場整理券(裏面)の宣誓書に記入されていない場合は、従来どおり期日前投票所で宣誓書の記入が必要です。

※選挙時に宇佐市ホームページに掲載する「期日前投票宣誓書」をダウンロードし、記入されたものをお持ちいただいても結構です。

選挙期日に選挙権を有する方

めいすいくん 選挙期日には選挙権を有することとなるが、選挙期日前において投票を行おうとする日には未だ選挙権を有しない者(たとえば、選挙期日には18歳を迎えるが、選挙期日前においては未だ17歳であり選挙権を有しない者など)については、期日前投票をすることができないので、例外的に選挙人名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会において不在者投票をすることができます。