ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 選挙管理委員会事務局 > 投票所における投票手順

投票所における投票手順

印刷用ページを表示する 2016年3月11日更新

投票の流れ

1.受付

投票所入場整理券(ハガキ)をもって投票所にきてください。

※投票所入場整理券は、選挙期日の公示(告示)後に郵送します。選挙人に対し選挙があることをお知らせするとともに、投票所で選挙人名簿の本人照合をスムーズに行うためのものです。 投票所入場整理券が届かない場合や、無くした場合でも、選挙人名簿に登録されていれば、投票所でのご本人確認の後、投票することができます。

2.名簿対照係

選挙人名簿にのっている本人かどうかの確認をうけます。

3.投票用紙交付係

投票用紙をもらいます。

4.投票記載台

決められた記載方法にしたがって候補者などを記入します。

5.投票箱

投票用紙を投函します。

一般的な投票手順

宇佐市の投票所

投票所一覧めいすいくん

 投票用紙の書き方

投票

 選挙では候補者の氏名や政党名を書く「自書式投票」という方式と、あらかじめ投票用紙に印刷された候補者の氏名の上の〇をつける欄に〇印を押す「記号式投票」があります。

※大分県知事選挙と宇佐市長選挙の当日投票が「記号式投票」です。

自書式投票と記号式投票

自書式投票の選挙

衆議院議員総選挙(小選挙区選挙・比例代表選挙)
参議院議員通常選挙(選挙区選挙・比例代表選挙)
大分県知事選挙(期日前投票)
大分県議会議員選挙
宇佐市長選挙(期日前投票)
宇佐市議会議員選挙

記号式投票の選挙

大分県知事選挙(当日投票)
宇佐市長選挙(当日投票)

国民審査

 衆議院議員総選挙と同時に、最高裁判所裁判官国民審査が行われます。
 裁判官ごとに行われ、あらかじめ印刷された裁判官の氏名の上の欄に、辞めさせたい意志があれば×印を、なければ何も記載せず投票してください。
  国民審査

国政選挙の投票手順 

衆議院議員総選挙

 衆議院議員総選挙は、小選挙区選挙比例代表選挙の2つからなります。また、最高裁判所裁判官国民審査も同時に行われるので、3つとも投票してください。

(衆議院)投票の流れと投票用紙の書き方 [PDFファイル/573KB]

小選挙区選挙(投票用紙1枚目)

 全国295の選挙区ごとに行われ、有権者は候補者名を記載して投票してください。
 得票数の最も多い候補者が当選人となります。

衆議院議員小選挙区の区割りの改定等について(総務省ホームページ)

比例代表選挙(投票用紙2枚目)

 全国11の選挙区(ブロック)ごとに行われ、有権者は政党名を記載して投票してください。
 政党の得票数に基づいてドント式により各政党の当選人の数が決まり、各名簿の当選人の数までの順位のものが当選人となります。(拘束名簿式)

衆議院議員比例代表選挙 選挙区と各選挙区別定数(定数180人)

選挙区(ブロック)都道府県定数
北海道北海道

東北

青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島

14

北関東茨城/栃木/群馬/埼玉

20

南関東千葉/神奈川/山梨

22

東京都東京

17

北陸信越新潟/富山/石川/福井/長野

11

東海岐阜/静岡/愛知/三重

21

近畿滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山

29

中国鳥取/島根/岡山/広島/山口

11

四国徳島/香川/愛媛/高知

九州福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

21

合   計

180

最高裁判所裁判官国民審査(投票用紙3枚目)

 裁判官ごとに行われ、有権者は、辞めさせたい意志があれば×印を、なければ何も記載せず投票してください。
 罷免可が罷免不可の票数を超えた場合、その裁判官は罷免されます。  

 参議院議員通常選挙

 参議院議員通常選挙は、選挙区選挙比例代表選挙の2つからなるので、2つとも投票してください。

(参議院)投票の流れと投票用紙の書き方 [PDFファイル/486KB]

選挙区選挙(投票用紙1枚目)

 原則、都道府県の区域(鳥取県・島根県、徳島県・高知県はそれぞれ2県の区域)で行われ、有権者は候補者名を記載して投票します。
 各選挙区の定数に合わせて、得票数の最も多い候補者から順次当選人が決まります。

参議院選挙区選出議員の選挙区及び定数の改正等について(総務省ホームページ)

 比例代表選挙(投票用紙2枚目)

 全国を1つの単位として行われ、有権者は候補者名または政党名のいずれかを記載して投票してください。
 政党の得票数に基づいてドント式により各政党の当選人の数が決まり、得票数の最も多い候補者から順次当選人が決まります。 (非拘束名簿式)

比例代表選挙におけるドント式

 国政選挙の比例代表選挙における各政党等への当選人の配分はドント式で行われます。
 ドント式とは、下表のように、各政党の総得票数を1から順に正の整数で割り、その商の大きい順に議席数を割り振る方式です。(例:当選者数が6名)

ドント式

比例代表選挙の「拘束名簿式」と「非拘束名簿式」

 「拘束名簿式」とは、有権者は政党名で投票し、各政党の議席数は得票数に応じて配分され、当選者はあらかじめ各政党から提出されている順位を決めた名簿の上位から決まっていくという仕組みです。
 これに対し「非拘束名簿式」では、有権者は、政党名か名簿に掲載されている候補者個人名のいずれかで投票します。各政党の議席数は政党名と個人名の得票数の合計に応じて配分され、当選者は個人名の得票数が多い順に決まります。

衆議院比例代表選挙・・・拘束名簿式
参議院比例代表選挙・・・非拘束名簿式

非拘束名簿式

地方選挙の投票手順

大分県知事・県議会議員選挙

 大分県知事選挙大分県議会議員選挙の2つからなるので、2つとも投票してください。

(県知事県議)投票の流れと投票用紙の書き方 [PDFファイル/490KB]

大分県知事選挙(投票用紙1枚目)

 あらかじめ投票用紙に印刷された候補者の氏名の上の〇をつける欄に〇印を押してください。
 ※期日前投票の場合は、候補者名を記載して投票します。
 得票数の最も多い候補者が当選人となります。

大分県議会議員選挙(投票用紙2枚目)

 候補者名を記載して投票します。
 定数に合わせて、得票数の最も多い候補者から順次当選人が決まります。

宇佐市長選挙

 あらかじめ投票用紙に印刷された候補者の氏名の上の〇をつける欄に〇印を押してください。
 ※期日前投票の場合は、候補者名を記載して投票します。
 得票数の最も多い候補者が当選人となります。

(市長)投票の流れと投票用紙の書き方 [PDFファイル/340KB]

宇佐市議会議員選挙

 候補者名を記載して投票します。
 定数に合わせて、得票数の最も多い候補者から順次当選人が決まります。

(市議)投票の流れと投票用紙の書き方 [PDFファイル/341KB]


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)