ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

登録文化財(工芸品)

印刷用ページを表示する 2013年4月18日更新

市登録

院内町沖の鏝絵(いんないまちおきのこてえ)

  この鏝絵は母屋の両妻に描かれ、南西方向に「波に飛竜」、北東方向に「波兎と鶴」、がみられます。いずれも彩色のものです。製作者は不明ですが、明治期に製作されたものと推測されます。鏝絵の現状は「波に飛竜」は良好な状態で、彩色も色鮮やかに残っています。

院内町沖の鏝絵院内町沖の鏝絵②