ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 社会教育課 > 戦争関連資料を収集しています

戦争関連資料を収集しています

印刷用ページを表示する 2012年10月19日更新

戦時中のさまざまな資料を提供して下さい

 概要

 昭和14年(1939)に、柳ヶ浦町に宇佐海軍航空隊が置かれ、戦争末期になると基地から特別攻撃隊として多くの若者が出撃していきました。また、昭和20年(1945)には米軍による空襲で多くの命が失われました。市内には、陸軍小倉工廠糸口山製造所もありましたので、戦争遺跡が多く残っており、全国的にも注目されています。
 間もなく戦後70年を迎えようとしていますが、次第に戦争経験者が少なくなっていることから、貴重な資料が処分されたり、散失したりすることが大いに問題視されているところです。
 宇佐市教育委員会では、戦争に関する資料の収集・保存を行っていますが、さらに多くの方々に呼びかけ、宇佐海軍航空隊や陸軍小倉工廠糸口山製造所に関する資料だけではなく、日清・日露戦争等の資料も収集することにしています。
 戦争に関連する様々な資料を収集し、戦争の悲惨さや平和の尊さを次世代に伝えるために活用したいと考えています。
 是非ともこの趣旨に賛同していただき、戦争資料の無償のご寄附についてご理解・ご協力をお願いいたします。なお、ご寄附できない場合は、ご寄託(一時預かり)のご相談についてもお受けします。

収集の対象となる資料

写真、地図、手紙、戦争体験者の手記、慰問袋、出征のぼり、千人針、軍服、軍帽、軍靴、ゲートル、軍隊手帳、召集令状(赤紙)、飛行服、飛行手袋、飛行眼鏡、マフラー、軍用ヘルメット、米軍のビラなど、
戦争中に使用した生活用品(国民服、国民帽、食器、食券、リュックサック、カバン、もんぺ、衣料切符、灯火管制用電球、新聞、雑誌、教科書など)

helmet軍用ヘルメット  国民服国民服  従軍手帳軍隊手帳

戦跡資料収集チラシ [PDFファイル/250KB]


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)