ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 社会教育課 > 第11回平和のともしびが開催されました動画アイコン

第11回平和のともしびが開催されました動画アイコン

印刷用ページを表示する 2015年8月20日更新

第11回 平和のともしび

終戦記念日である8月15日に、戦争を語り継ぎ戦争遺跡を保存するための式典である「平和のともしび」が城井1号掩体壕で開催されました
「平和のともしび」は戦後60年にあたる平成17年から毎年開催されており、今年で11回目を迎えます。

今年は戦後70年を記念して、市内の全小学校から平和へのメッセージを記したペットボトル灯篭が寄せられました。
当日は、竹やペットボトルなどで作った1200個の灯篭が並べられ、会場である城井1号掩体壕をやさしい灯りで照らしました。

式典は、横光大(たけし)平和のともしび委員長による「掩体壕などの施設を保存し、平和が続いていくように」という挨拶で始まり、献花の後にオカリナの演奏と下城井地区の小中学生による「ふるさと」の合唱が行われました。

当日の様子
横光委員長による挨拶赤坂下城井区長の挨拶是永市長の挨拶

横光委員長による挨拶

赤坂下城井区長による挨拶

是永市長による挨拶

献花オカリナの演奏「ふるさと」の合唱

献花

宮村将広さんによるオカリナの演奏

下城井地区の子供たちによる「ふるさと」の合唱

ともしびともしび2鎮魂碑
「平和」の文字掩体壕の中ペットボトル灯篭

日時

平成27年8月15日(土曜日) 19時30分から20時30分まで

場所

城井1号掩体壕(宇佐市大字城井159番地の3)

式次第

開会のことば
黙祷(1分間)
主催者あいさつ
地元あいさつ
来賓あいさつ
来賓紹介
ともしび点灯
戦没者判明分の報告
献花
音楽演奏(オカリナ奏者 宮村将広   )
「ふるさと」合唱
閉会のことば

音楽演奏 出演者紹介

宮村 将広(みやむら まさひろ)
 オカリナ奏者 1983年1月9日生まれ 大分県出身
 9歳の時オカリナと出会い独学で練習を始める。10歳でテレビのドキュメンタリー番組に紹介され「オカリナ少年」として九州全域に放送される。その頃からコンサート活動を行い、イベントやメディアに多数出演。
 2005年、本格的な音楽活動を開始する。これまで5枚のアルバムを発表。毎年行われる「九州オカリナフェスタ」のプロデューサーを務める。