ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 社会教育課 > 第10回 平和のともしびが開催されました

第10回 平和のともしびが開催されました

印刷用ページを表示する 2014年8月13日更新

第10回 平和のともしび

 終戦の日に当たる8月15日に、戦争を語り継ぎ、戦争遺跡を保存するための「平和のともしび」が今年も開催されました。
当日は雨が心配されましたが、式典中は雨も降らず無事終了しました。会場では、市内の小中学校などから寄せられたペットボトルの灯篭と竹灯篭を合わせて約800個のともしびが城井1号掩体壕を照らしていました。

 平和のともしび委員会の副委員長である横光大さんが、下城井地区をはじめとする多くの方のおかげで10回目の開催となったことに感謝を述べ、今後もできるだけ続けていきたいと挨拶をして式典が始まりました。
 献花が行われた後、帯金真理子さんによる二胡の演奏と、地元小学生による「ふるさと」の合奏が行われ、閉会となりました。
 なお、今年度は宇佐の空襲などで亡くなった戦没者については新たに発見されませんでした。戦没者の情報等をお持ちの方がいらっしゃれば、豊の国宇佐市塾にご連絡ください。

主催者あいさつ

地元あいさつ

ともしび点灯

挨拶をする横光副委員長

下城井地区代表の赤坂区長

ともしびの点灯

献花

二胡の演奏

ふるさとの合唱

献花

二胡の演奏

ふるさとの合唱

ともしびの様子1

掩体壕とともしび

鎮魂碑とともしび

ともしびの様子

掩体壕とともしび

鎮魂碑

開催日時

平成26年8月15日 金曜日 19時30分から20時20分

開催場所

城井1号掩体壕 (宇佐市城井159番地の3)

次 第

 開会のことば          (平和のともしび副委員長 中間照雄)
 黙祷(1分間)
 主催者あいさつ      (平和のともしび副委員長 横光大)
 地元あいさつ          (下城井地区自治委員 赤坂州男)
 来賓あいさつ          (宇佐市長 是永修治)
 来賓紹介
 「平和のともしび」点灯
 戦没者判明分の報告
 献花
 平和へのメッセージ・音楽演奏 (二胡奏者 帯金真理子)
 唱歌「ふるさと」合唱 (下城井地区子ども会)
 閉会のことば    (平和のともしび副委員長 平田崇英)

平和へのメッセージ 演奏者紹介

帯金 真理子(おびかね まりこ)
 九州女子短期大学音楽科電子オルガン専攻卒業。2004年より二胡奏者として演奏活動開始。
 福岡・北九州・大分を中心に全国各地の様々な施設やイベント等で演奏を行っている。
 北九州市旧古河鉱業若松ビル、宇佐市TMスタジオにて二胡教室を主宰。楊藝二胡教室講師。