ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 社会教育課 > 宇佐市平和資料館で特攻隊員の遺品を展示しました

宇佐市平和資料館で特攻隊員の遺品を展示しました

印刷用ページを表示する 2014年5月8日更新

寄贈された特攻隊員の遺品を展示しました

4月14日、宇佐市に寄贈された中根久喜(ひさよし)中尉の遺品を、宇佐市平和資料館で展示しました。
 中根中尉は、第721海軍航空隊(通称:神雷部隊)で人間爆弾「桜花」に搭乗し、宇佐から出撃する予定でした。しかし、昭和20年3月18日の米軍による空襲で中止となり、同4月14日に鹿児島県の鹿屋基地から零戦に乗って特攻隊として出撃し、亡くなられました。
その後、遺族のもとに遺品箱が届けられ、多くの資料が残されていました。
遺品箱に納められた資料の中から、16点を期間限定で展示を行いました。
主な展示物は下記のとおりです。

写真帳

遺品箱遺書

写真帳

遺品箱

遺書

雑記帳

写真帳に残された写真

展示全体

雑記帳

写真帳に残された写真

展示全体

展示期間

平成26年5月7日から5月19日