ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 社会教育課 > 遺跡のある地域で開発する場合の届出について

遺跡のある地域で開発する場合の届出について

印刷用ページを表示する 2012年6月1日更新

 遺跡のある地域(周知の埋蔵文化財包蔵地)で、土木工事や建築工事等の開発行為を行う場合には、事前に埋蔵文化財発掘の届出が必要です。

開発予定地が遺跡のある地域かどうかの確認

 開発予定地が遺跡のある地域かどうかの確認は、宇佐市教育委員会社会教育課文化財係にある大分県遺跡地図で調べることができます。なお、遺跡の有無や範囲等は、発掘調査の成果などによって変更が生じることがありますので、文化財担当職員に直接ご確認ください。

1.開発予定地が遺跡のある地域の場合

 文化財保護法の規定により、埋蔵文化財発掘の届出書類2部を着手の60日前までに宇佐市教育委員会社会教育課文化財係へ提出して下さい。

埋蔵文化財発掘の届出書類

提出書類は以下の様式および添付書類が必要です。

埋蔵文化財発掘の届出(様式)
記入例Word 形式PDF 形式
埋蔵文化財発掘の届出 第5号様式(その1)

[PDFファイル/37KB]

Wordファイル/26KB]

[PDFファイル/31KB]

埋蔵文化財発掘の届出 第5号様式(その2)

[PDFファイル/80KB]

[Wordファイル/46KB]

[PDFファイル/64KB]

添付書類

  • 開発をしようとする土地およびその付近のわかる地図(2500分の1等の位置図)
  • 工事内容の概要を示す図面(平面図および断面図)

2.開発予定地が遺跡のない地域の場合

 事前の届出は必要ありません。ただし、工事中に遺跡と認められるものが発見された場合、文化財保護法によりその現状を変更することなく、遺跡発見の届出書類を2部提出して下さい。届出後は、前項1と同じあつかいになります。

遺跡発見の届出書類

提出書類は以下の様式および添付書類が必要です。

遺跡発見の届出(様式)
記入例Word 形式PDF 形式
遺跡発見の届出 第9号様式(その1)

[PDFファイル/7KB]

[Wordファイル/31KB]

[PDFファイル/29KB]

遺跡発見の届出 第9号様式(その2)

[PDFファイル/13KB]

[Wordファイル/45KB]

[PDFファイル/54KB]

添付書類

  • 遺跡が発見された土地およびその付近のわかる地図(2500分の1等の位置図)
  • 工事内容の概要を示す図面(平面図および断面図)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)