ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 学校教育課 > 宇佐市適応指導教室「せせらぎ教室」

宇佐市適応指導教室「せせらぎ教室」

印刷用ページを表示する 2016年12月26日更新

「せせらぎ教室」とは 

wellcome

 学校に行きたいのになんらかの理由で行けない。そのような子どもたちに「この教室に来れば楽しい」「心が落ち着く」という、安らぎを感じる場所として、宇佐市教育委員会は「せせらぎ教室」を開設しています。
 子どもたちは、ここでいろいろな活動を行うことで、社会生活に適応できる力を身につけていきます。そして、そのような子どもたちが、徐々に学校に戻れるようになることを、この教室の目的としています。

 「せせらぎ教室」は、こんなことを大切にしています

●子どもや保護者からの相談には真摯に耳を傾けます。
●子どもに「何をしたい」「何はしたくない」という自己決定をさせることで、自信をもたせ、自立心を養わせます。
●子どもどうしで力を合わせて活動することを通して、社会性や協調性を育てます。
●学校や他の関係機関とも協力しながら、学校生活への復帰を支援します。

 「せせらぎ教室」では、こんなことをします

●教室ですることは、一人ひとりと話し合って決めます。
  ・パソコン、読書、スポーツ(卓球、バドミントン、サイクリング、ウォーキングなど)
  ・学習(苦手な教科、分らなくなった所から、英語教室、高校への受験勉強など)
●教室のみんなで、登山やみかん狩りなどの活動を行います。(参加については、本人の意思を尊重します。)
●カウンセラーや訪問指導員がいろいろな相談にのってくれます。

せせらぎ教室
教室教室相談室
教室1教室2相談室
研修室レクレーション室展示コーナー
研修室レクレーション室展示コーナー

 「せせらぎ教室」の開室日と時間

 開室日は、毎週 月~金曜日の5日間です。(※ただし、火曜日は開室しますが、学校や保護者との相談日としています。)
 時間は、午前9時30分から午後3時までです。(時間は、本人の意思を尊重します。途中からの参加も早退もできます。)

※平成29年8月14日(月曜日)、8月15日(火曜日)は閉室とします。

 「せせらぎ教室」への入級について

●入級できる子ども
 宇佐市内の小・中学校に在籍し、なんらかの理由で学校に行けない児童生徒です。

●入級手続き
 1.入級を希望する保護者は、宇佐市適応指導教室「せせらぎ教室」に直接連絡するか、在籍している学校または宇佐市教育委員会学校教育課に問い合わせください。
 ※ 「せせらぎ教室」 電話番号 0978-37-1605
 ※ 宇佐市教育委員会学校教育課 電話番号 0978-32-1111(内線676)
 2.何回か通級をした後に、本人と保護者が入級を希望すれば、正式に入級の手続きを行います。
 ※ 子どもが「せせらぎ教室」に通級した日は、在籍している小・中学校では「学校に出席した日」として取り扱います。

 「せせらぎ教室」を支えるために

●「せせらぎ教室」親の会
 毎月1回、カウンセラーを交えてのグループカウンセリングを実施しています。
 カウンセラーから直接アドバイスをもらうだけでなく、保護者同士がお互いの悩みを話し合いながら、子育てに対する不安や悩みを解消していきます。
 なお、子どもが「せせらぎ教室」に通級していなくても、この会には参加できます。不登校や子育てでお悩みの保護者の方は、ぜひ参加してみませんか。

●学校との連絡会
 相談員と在籍校の関係者(学級担任、養護教諭、学年主任、教頭、校長など)は、定期的に連絡会を行います。子どもの最近の様子や学校へ復帰できるための援助のありかたなど、子どもに最も適切な支援の方法について考えます。

●卒業生懇談会
 中学校卒業後の支援として、本学級の相談員と卒業生と保護者を囲んで、年2回(春休み、夏休み)開催します。生徒が高校生、社会人として巣立った後も様々な相談にのります。

 せせらぎ教室パンフレット

パンフレット [PDFファイル/1.99MB]

 せせらぎ教室の案内

宇佐市適応指導教室「せせらぎ教室」
住所:〒872-0102 宇佐市大字南宇佐2163-1
電話:0978-37-1605
全景

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)