ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

就学援助制度

印刷用ページを表示する 2012年12月10日更新

 就学援助とは、経済的な理由により、小・中学校に通う子どもの就学に困っている家庭に対して、学用品費等の就学上必要な経費の一部を援助する制度です。

援助の対象

 援助の対象となるのは、市内に住所を有し、市内の小・中学校に在籍する児童・生徒の保護者で、次のような理由により市教育委員会が認定した方です。

認定基準

1 生活保護の停止または廃止になったが、なお生活に困っている世帯

2 市民税が非課税か減免を受けている世帯

3 国民年金の保険料の減免を受けている世帯

4 国民健康保険料の減免または徴収の猶予を受けている世帯

5 児童扶養手当の支給を受けている世帯

6 病気や災害などで経済的に困窮している世帯

援助の内容

 就学援助費の内容(年額)

品 目

小 学 校

中 学 校

学用品費

1年

12,610円

1年

23,880円

2~6年

14,780円

2,3年

26,050円

新入学学用品費

19,900円

22,900円

修学旅行費

16,000円

50,000円

学校給食費

44,000円

1,2年

49,500円

3年

45,000円

医療費

トラコーマ、結膜炎、白癬(はくせん)、疥癬(かいせん)、膿痂疹(のうかしん)、中耳炎、慢性副鼻腔炎、アデノイド、う歯、寄生虫病の医療費

援助の申請

 援助を希望される方は、学校に用意している就学援助費受給申請書に必要事項を記入、押印の上、市税務課で発行する所得課税証明書を添えて学校に提出してください。

 申請期限

 年度当初の認定分については、毎年4月末日が締め切りとなります。なお、提出期限を過ぎた場合でも随時申請を受け付けていますが、認定月からの支給となります。