ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 教育総務課 > 宇佐市教育委員会への共催・後援依頼の方法について

宇佐市教育委員会への共催・後援依頼の方法について

印刷用ページを表示する 2019年4月1日更新

共催と後援の違いは?

共催 

宇佐市教育委員会が事業の共同主催者として企画及び運営に参画し、応分の責任を持って、事業を行うことをいいます。

後援

宇佐市教育委員会が事業の趣旨に賛同し「宇佐市教育委員会」の後援名義の使用を認めることをいいます。 

申請方法は?

下記の提出書類を行事の開催日(名義使用開始日)の2週間前までに、市の担当課へ申請してください(担当課の区分については《申請先は?》を参照)。

1. 所定の申請用紙 

共催・後援依頼書を下記よりダウンロードしてお使いください。

2. 申請する行事の内容が分かる資料

大会要項・パンフレット・実施計画書等・昨年の資料など   

3. 初めて申請する場合

申請団体の規約及び活動状況が分かる資料

注意事項

1.審査には時間を要するため、早めに申請してください。  ※受付~承認までに2週間程度かかります。
2.共催・後援の決定を通知するまでに開催要項(パンフレット等)を配布される場合は「予定または申請中」として御案内してください。
3.共催・後援名義の使用は、同一内容であっても毎回(毎年)申請が必要です。

申請先は?

申請先については、講演会、講座、音楽会、祭りなど行事によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください。 

 例えば・・・

・少年少女合唱祭、大分大学ファミリーコンサート(学校関係) ⇒ 宇佐市教育委員会 学校教育課 学務係
・マラソン大会、体育大会(スポーツに関係) ⇒ 文化・スポーツ振興課 スポーツ振興係
・生涯学習講演会、短歌大会(生涯学習関係) ⇒ 宇佐市教育委員会 社会教育課 生涯学習係
・天然記念物品評会(文化財関係) ⇒ 宇佐市教育委員会 社会教育課 文化財係

申請書

宇佐市教育委員会共催・後援依頼書[Wordファイル/45KB] [PDFファイル/118KB]

事業実施報告書

共催の承認を受けた事業については、事業の終了後1か月以内に事業実施報告書を必ず提出してください。
なお、後援の承認を受けた事業については、担当課の求めに応じて、事業の終了後1か月以内に事業実施報告書を提出してください。

事業実施報告書 [Wordファイル/41KB] [PDFファイル/116KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)